報道発表

(生体調節研究所)細胞内物質輸送を担うRab11を活性化する新しい制御因子REI-1の発見 群馬大学医学部附属病院改革委員会(第5回)の概要を掲載しました (医学系研究科)甲状腺ホルモンによる血管修復のメカニズムを解明
―動脈硬化の予防・治療法の開発につながる可能性―
(理工学部)生体硬組織と軟組織の両方を鮮明に画像化するCT再構成アルゴリズムを開発 群馬大学医学部附属病院医療事故調査委員会の設置について (医学系研究科)血管内皮細胞移植による虚血性脱髄巣の再髄鞘化促進のメカニズムを解明
—中高年初発うつ病の予防法・治療法の開発に繋がる可能性—
群馬大学医学部附属病院改革委員会(第4回)の概要を掲載しました (医学系研究科)ボツリヌス毒素局所注入療法は、全身性強皮症に伴うレイノー現象に対して良好な治療効果を示した
ー強皮症に伴うレイノー現象の新たな治療法に向けてー
群馬大学医学部附属病院改革委員会(第3回)の概要を掲載しました 群馬大学医学部附属病院改革委員会(第2回)の概要を掲載しました。 (医学系研究科)死後脳解析結果に基づく統合失調症発症モデルマウスの作製に成功
−統合失調症の新規予防法および治療法の開発に繋がる可能性−
平成27年度「生活者としての外国人」のための日本語教育事業地域日本語教育実践プログラムに採択されました 大手拓次賞の選考結果について 平成26年度「多文化共生推進士」養成ユニット修了式のご案内 (保健学研究科) 心臓奇形、がんの原因遺伝子が脳機能を制御することを発見 (医学系研究科) マラリアに対する新しい防御メカニズムを解明 〜キラーT細胞とマクロファージが協調、ワクチン開発に期待〜 (医学系研究科) 骨粗鬆症薬の吸入がマウスのCOPD(慢性閉塞性肺疾患)を改善 〜 肺疾患の新規治療法の開発に繋がる可能性 〜 平成26年度多文化共生国際シンポジウムの開催について PET樹脂の原料を食用に適さないバイオマス資源から作る方法を開発 リチウムイオン二次電池の電池電極反応に寄与する電子軌道の解明 −マンガン酸リチウム系正電極材料設計に新たな指針−