本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

新着情報

投稿カテゴリー 受賞・成果等

寄生虫が自己免疫疾患の発症を抑える仕組みを解明 ー1型糖尿病の予防・治療に新たな光ー

[CATEGORY] プレスリリース, 受賞・成果等, 新着情報 [tag]
このたび、理化学研究所(理研)生命医科学研究センター粘膜システム研究チームの下川周子客員研究員(国立感染症研究所寄生動物部主任研究官、群馬大学大学院医学系研究科生体防御学協力研究員)らの共同研究グループが、自己免疫疾患の …

喘息重症化の抑制機構の解明 ~エキソフィリン5が喘息の重症化を防ぐ~

[CATEGORY] プレスリリース, 受賞・成果等, 新着情報 [tag]
生体調節研究所 の遺伝生化学分野の奥西勝秀講師、泉哲郎教授らの研究グループは、国立病院機構東京病院、理化学研究所、東京大学などとの共同研究で、IL-5やIL-13の主要な産生細胞を同定し、更に、この細胞において、エキソフ …

特定の遺伝子のスイッチを操作して疾患モデル動物を作製

 群馬大学生体調節研究所ゲノム科学リソース分野の畑田出穂教授らのグループが、エピゲノム編集を応用し、狙った遺伝子のみのスイッチをオンにすることにより、シルバーラッセル症候群の疾患モデルを作製することに成功しましたので、お …

【理工学部・理工学府】大学院理工学府知能機械創製部門の荘司郁夫教授と電子情報部門の高井伸和准教授の研究成果が、イギリスの学術雑誌Impactに掲載されました。

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報
Science Impact社が出版する学術冊子Impactは印刷版とデジタル版があり、世界中の3万5000人の読者に向け配布され、世界の大学、研究機関、国家および地域の資金提供機関、政策、政府、民間および公共部門におけ …

2020年4月に群馬大学未来先端研究機構に新たに海外ラボを設置する、ブルーノ アメズリ教授(モンペリエ国立高等化学大学院 シャルル・ジェラール研究所、ICGM)が、平塚浩士学長を2月13日に表敬しました。

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報
 2020年4月に群馬大学未来先端研究機構に新たに海外ラボを設置する、ブルーノ アメズリ教授(モンペリエ国立高等化学大学院 シャルル・ジェラール研究所、ICGM)が、平塚浩士学長を2月13日に表敬しました。  窪田健二未 …

【理工学部・理工学府】フォーカス位置をマイクロ秒で制御できる光学顕微鏡用高速3次元カメラモジュールを開発

[CATEGORY] プレスリリース, 受賞・成果等, 新着情報
 光学顕微鏡はフォーカスがあう範囲が狭いため、フォーカス位置を変更しながら複数の画像を撮影すると対象の3次元的な構造が計測できるようになります。しかし、遊泳する細胞や心臓の拍動のように高速な現象を観察したい場合は1/10 …

【医学系研究科】環境基準値未満の大気汚染でも院外心停止は増加 ~ 微小粒子状物質(PM2.5 )の基準値を見直す必要性~

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報
 このたび、大学院医学系研究科循環器内科学の倉林正彦教授およびシドニー大学の根岸一明教授らの研究グループは、大気中に浮遊する微小粒子状物質(PM2.5)が環境基準値未満であった場合でも、日本人においては院外心停止が増加傾 …

【医学系研究科】ヒトiPS細胞から作り出した血管内皮細胞の移植で動物モデルの大脳白質梗塞が劇的に改善

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報
 このたび、大学院医学系研究科分子細胞生物学の石崎 泰樹教授らの研究グループは、大脳白質に梗塞を誘導した動物モデルに、ヒトiPS細胞から作り出した血管内皮細胞を移植することにより、白質梗塞が劇的に改善すること発見しました …

【理工学部】全国大学ビブリオバトル2019~首都決戦~本戦(全国大会)において、理工学部1年の中山息吹さんが紹介した本がグランドチャンプ本に選ばれ優勝しました

[CATEGORY] 受賞・成果等, 在学生の活躍, 新着情報
 2019年12月22日(日)によみうり大手町ホールで開催された全国大学ビブリオバトル2019~首都決戦~本戦(第10回全国大学ビブリオバトル)において、理工学部総合理工学科1年の中山息吹さんが紹介した本がグランドチャン …

【医学系研究科】脳腫瘍による視力障害の原因を解明

[CATEGORY] プレスリリース, 受賞・成果等, 新着情報 [tag]
このたび、大学院医学系研究科脳神経外科学の登坂 雅彦准教授らの研究グループは、5大脳腫瘍の1つである下垂体腺腫の視力低下を引き起こすメカニズムを初めて解明しましたので、お知らせします。  このメカニズムの発見により、今後 …
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です