ハラスメント

ハラスメントとは

 本学の学内及び学外において、性的な言動、修学上又は教育研究上の支配従属関係に起因する言動、その他不適切な言動で、他の者を不快にさせる言動をいいます。
 ハラスメントに当たるかどうかは、基本的には、加害者の意図や認識の如何に関わらず、被害者が不快に感じるかどうかによって決まります。
 ハラスメントにはさまざまな態様があり、次のようなハラスメントが想定されます。
また、これらの態様は独立しているものばかりでなく、複数の要素が重なり合ってひとつのハラスメントとなることもあります。

  1. セクシュアル・ハラスメント
    性的な要求や言動を受け入れることを修学・就労活動の条件としたり、評価の基礎として考慮したりすることや性的な要求や言動によって修学・就労の環境を悪化させたりすることをいいます。
  2. アカデミック・ハラスメント
    修学上又は教育研究上の支配従属関係を不当に利用して、不利益な取り扱い、人格的な誹謗・中傷,嫌がらせ、精神的虐待、暴力、修学・研究の妨害、研究成果の搾取等の相手の意欲及び修学・研究環境を著しく阻害することをいいます。
  3. パワー・ハラスメント
    業務上の支配従属関係を不当に利用して、不利益な取扱い、人格的な誹謗・中傷、嫌がらせ、暴力、業務遂行の妨害等の相手の意欲及び就労関係を著しく阻害することをいいます。

ハラスメントをしないように気をつけることは?

  1. ハラスメントに当たるかどうかは、基本的に相手が不快に感じるかで決まります。
  2. 相手が嫌がっていることが分かったら、決して繰り返さないことが大切です。
  3. 不快な言動であるか否かについて、相手からいつも明確に意思表示がある(嫌だと拒否する)とは限りません。
    ハラスメントの態様等によっては、性行不良で改善の見込みがないと認められる者、大学の秩序を乱し学生としての本分に著しく反した者などに該当して、懲戒処分に付されることもあります。

良好な修学環境を確保するため,大学の一員として気をつけることは?

  1. 学内でハラスメントについて、問題提起する学生をトラブル・メーカーとみたり、ハラスメントに関する問題を当事者間の個人的な問題として片づけないことです。
  2. 大学からハラスメントに関する問題の被害者や加害者を出さないように、周囲に対する気配りをし、大学の友人として注意するなど、必要な行動をとるようにしましょう。

ハラスメントの被害を深刻にしないために望まれることは?

  1. ハラスメントを無視したり、受け流したりしているだけでは必ずしも状況は改善されません。嫌なことは相手に対してはっきりと拒否の意思を伝えることが望まれます。
  2. 一人で悩まないで、友人など信頼できる人や相談員、外部相談窓口に相談することが大切です。

どこに相談したらよいのでしょうか?

 ハラスメントに関する相談のために、次のとおり相談員を各キャンパスに配置しています。また、健康支援総合センターや学生相談室も相談窓口として対応しています。
 なお、相談は所属の学部・研究科に関わらず、どこの相談窓口でも受け付けています。

 

ハラスメント相談員

学内の相談窓口のほか、学内の相談員等に相談しにくい場合などは、下記のとおり外部相談窓口を開設していますので、気軽に相談してください。

0120-505-801(フリーダイヤル)

※相談の際には、大学名を伝えてください。

※電話相談<月~金曜日:12:00~21:00、土曜日:9:00~17:00> 年末年始及び祝日は休み

※メールによる相談も24時間365日受け付けています。詳細は、学生便覧の「ハラスメントの相談」をご覧ください。