投稿カテゴリー プレスリリース

(医学系研究科)赤痢アメーバは腸内細菌を利用し,酸化ストレスに抵抗する〜新規薬剤の開発へ向けた第一歩〜

 大学院医学系研究科の下川周子助教らの研究グループにより、イスラエル工科大学のSerge Ankri博士らとの共同研究により、赤痢アメーバが腸管病原性大腸菌を利用して酸化ストレスに抵抗し、その結果、宿主体内で増殖している …

(医学系研究科)忘却の脳内メカニズムの鍵を発見~記憶・学習障害の治療法開発への新たな期待~

 大学院医学系研究科の白尾智明教授らの研究グループは、佐賀大学、東洋大学及び新潟大学との共同研究により、忘却の脳内メカニズムの鍵を握る現象である、シナプスの長期抑圧現象の調節メカニズムを解明しました。  今回の発見は、成 …

(研究・産学)東京・豊洲の公道で複数の自動運転車両を用いたオンデマンド移動サービスの実証実験を実施

 群馬大学は、株式会社NTTデータ、大和自動車交通株式会社とともに、東京都江東区豊洲の公道で複数の自動運転車両を用いたオンデマンド移動サービスの実証実験(以下「本公道実証実験」)を、2018年9月14日から計3日間実施し …

(研究・産学)株式会社電通と次世代モビリティ社会実装研究における産学連携協定を締結

 国立大学法人群馬大学(学長:平塚 浩士、以下:群馬大学)は、株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博、以下:電通)と、「次世代モビリティ社会実装研究における産学連携協定書」を、2018年8月7日付で締結しました …

自動運転に関する産学連携の取組についてー共同開発した自動運転バス車両が完成ー

 国立大学法人群馬大学(学長:平塚 浩士、以下:群馬大学)と株式会社ケイエムオー(本社:群馬県伊勢崎市、代表取締役:神尾 将光、以下:ケイエムオー)は、地域住民の移動をより便利に、そして地域コミュニティのさらなる活発化に …