投稿カテゴリー プレスリリース

(理工学府)「弱い」計算能力の量子コンピューターでも、古典コンピューターの性能を上回ることを理論的に証明

 理工学府森前智行准教授は、ノイズが非常に多く計算能力が「弱い」量子コンピューターであっても、古典コンピューターの性能を十分に上回ることを理論的に証明しました。これにより、非常に複雑な汎用の量子コンピューターを作らなくて …

(理工学府・生体調節研究所)血糖値をさげる新しい化合物を同定-カイコを用いた新規薬物の同定と解析-

 大学院理工学府 武田 茂樹 教授のグループは、群馬大学「医理工生命医科学融合医療イノベーションプロジェクト」・「生活習慣病プロジェクト」および農林水産省委託プロジェクト研究「医薬品作物、医療用素材等の開発」の一環として …

(生体調節研究所)条件付きノックアウトマウスを短期間で作製する技術の開発

 生体調節研究所ゲノム科学リソース分野の畑田出穂教授の研究グループが、条件付きノックアウトマウスを短期間で作製する技術を開発しました。  この新しい技術により、疾患モデル動物を用いた病態解明や創薬における標的妥当性評価な …

(医学系研究科)抗がん剤で心筋が萎縮する機序を解明~抗がん剤の副作用軽減に期待~

 自然科学研究所機構生理学研究所の 西田基宏 教授らのグループが,本学大学院医学系研究科循環器内科学分野の 小板橋紀通 助教との共同研究により,抗がん剤投与によって心臓で発現増加するTRPC3チャネルが,心筋細胞を萎縮さ …

(理工)正・負極内のリチウム組成変化を電池の動作下で同時に測定することに成功

 理工学部の鈴木宏輔助教、鈴木操士氏、石川泰己氏、櫻井浩教授のグループは、高輝度光科学研究センターの伊藤真義副主幹研究員、櫻井吉晴主席研究員、立命館大学の折笠有基准教授、京都大学の内本喜晴教授と共同で、大型放射光施設SP …

(生体調節研究所)インスリンを効率良く分泌する仕組みを発見-糖尿病治療薬開発に新たな光-

 生体調節研究所遺伝生化学分野の松永耕一助教と泉哲郎教授ほかの研究グループは,理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターとの共同研究でインスリンを効率良く分泌する仕組みを発見しました。 詳細はこちらをご覧ください⇒ …