本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

新着情報

投稿カテゴリー プレスリリース

一般社団法人群馬大学工業会が群馬大学基金に500万円寄附

[CATEGORY] イベント, プレスリリース, 報道発表
一般社団法人群馬大学工業会(群馬県桐生市天神町1-5-1 三上忠男理事長)は、経済的理由により修学が困難な学生の支援に役立ててもらうため、群馬大学が設置する群馬大学基金に500万円を寄附します。 寄附にあたり、2022年 …

定例記者会見(2022年度第1回)を開催しました

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 教育・学生生活, 新着情報
群馬大学では、本学で行われている特徴的な教育・研究を戦略的に広報することで、顔の見える大学を目指し、定例記者会見を開催しています。 2022年4月15日(金)に定例記者会見(2022年度第1回/通算第8回)を開催しました …

第23回桐生楽講座「伝統とは挑戦の連続」を開催します(5/16)

理工学図書館にて、5月16日(月)に、第23回桐生楽講座「伝統とは挑戦の連続」を開催します 第23回目となる今回の桐生楽講座では、株式会社笠盛の代表取締役会長・笠原康利氏をお迎えします。帯の織物業として創業し、その後刺繍 …

群馬大学と日立が共同研究講座 「先端粒子線医科学共同研究講座(日立製作所)」を設置します

[CATEGORY] プレスリリース, メディア情報, 報道発表 [tag]
国立大学法人群馬大学(群馬県前橋市、学長:石崎泰樹、以下 群馬大学)と株式会社日立製作所(東京都千代田区、執行役社長兼CEO:小島啓二、以下 日立)は、2022年4月1日付で群馬大学重粒子線医学推進機構に共同研究講座「先 …

学習スキルを示すデジタル修了証「オープンバッジ」を導入

群馬大学(学長・石崎泰樹)は、本学で実施する教育プログラムの修了証として、デジタル修了証の一つである「オープンバッジ」を導入いたします。第一弾として、2020年度から教養教育科目の必修科目として開講している「データ・サイ …

「グローカル・ハタラクラスぐんま」プロジェクト 首都圏周辺型留学生就職促進モデル GHKG成果報告会・パネルディスカッションを開催します(3/18)

[CATEGORY] イベント, プレスリリース, 報道発表, 新着情報 [tag]
「グローカル・ハタラクラスぐんま」プロジェクト(以下、「GHKG」と記す)では、文部科学省委託事業「留学生就職促進プログラム」の一環として、外国人留学生の県内定着を促進するため、地方都市・群馬で、産学官金協働の力を集めて …

VATER症候群に類似する新規モデルマウスの作製に成功 ―VATER症候群の病態・発症メカニズムの解明に期待―

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表
東京慈恵会医科大学 生化学講座の與五沢里美講師、吉田清嗣教授、理化学研究所 生命機能科学研究センター 呼吸器形成研究チーム 森本充チームリーダー、群馬大学 生体調節研究所ゲノム科学リソース分野 堀居拓郎准教授、畑田出穂教 …

大量のナノポアを人工細胞膜への挿入技術を確立~高感度バイオセンサの開発に期待~

[CATEGORY] プレスリリース, 受賞・成果等, 報道発表, 新着情報
理工学府分子科学部門 神谷厚輝助教は、DNAなどの生体分子を検出するセンサとなるナノポア(薄膜上の小さな穴)を、人工細胞膜に多量に挿入できることを明らかにしました。 ナノポアを形成する外膜タンパク質(Outer memb …

⼤学院医学系研究科脳神経再生医学分野の渡邊将特任助教 (現在は岐阜⼤学)及び平井宏和教授らのグループがリン酸化酵素・γ型プロテインキナーゼCが運動制御に重要な役割を果たすことを解明 -脊髄小脳失調症14型において運動失調が発症する原因の一端を解明-

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報 [tag] ,
群馬大学⼤学院医学系研究科脳神経再生医学分野の渡邊将特任助教 (現在は岐阜⼤学)及び平井宏和教授らのグループは、成熟小脳において、リン酸化酵素であるγ型プロテインキナーゼC(PKCγ)が協調運動(複数の筋肉の動きを調整し …

オンライン講演会「読み書きメディアの認知科学 ~未来の読書と図書館を考える~」を開催します(2022年3月3日(木))

群馬大学情報学部 柴田博仁教授による、「読み書きメディアの認知科学~未来の読書と図書館を考える~」 をテーマとしたオンライン講演会を実施します。 近年、読み書きのためのメディアの主役が、紙からデジタルにシフトしています。 …
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です