本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

新着情報

投稿カテゴリー 研究・産学連携

エアロゾル中ウイルス侵入を100.0%遮蔽 気密フード型「自由外出マスク」5号機を作成しました

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報, 研究・産学連携 [tag]
理工学府の藤井雄作教授、橋本誠司教授、田北啓洋助教のグループは、大学入学共通テストや東京オリンピックなどの各種イベント実施を確実に保証する、すぐに実現できる社会基盤として、外部からのウイルスの侵入を完全に遮蔽する(また、 …

第9回群馬大学未来先端研究機構国際シンポジウムを開催します(2021年2月25日)

[CATEGORY] イベント, 新着情報, 研究・産学連携
群馬大学は、2021年2月25日(木)にオンラインにて第9回群馬大学未来先端研究機構国際シンポジウムを開催します。 今回は、「Breakthroughs in Cancer Metabolism and Technolo …

抗菌・抗ウィルス効果が期待される「銅繊維シート」がテレビ番組等で紹介されています

[CATEGORY] メディア情報, 新着情報, 研究・産学連携 [tag]
群馬大学発ベンチャー企業である株式会社グッドアイ(桐生市 社⾧ 樋口慶郎)と株式会社明清産業(前橋市 社⾧ 山田 徹)は、群馬大学が出願した特許技術を基に、抗菌・抗ウィルス効果が期待される銅繊維シートを開発しました。詳細 …

銅繊維シート「GUDシート」新型コロナウイルスに対する高い不活性化率を証明しました

群馬大学のベンチャー企業である株式会社グッドアイが開発した抗菌・抗ウイルス効果がある銅繊維シート「GUD(グッド)シート」(商品名)において、ウイルス学を専門とする群馬大学大学院医学系研究科の神谷亘教授と共同研究を行い、 …

AIDS患者の肺炎発症に患者の遺伝子型が関係 ~これまで知られていない、生まれつきの性質の影響~

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報, 研究・産学連携
このたび、群馬大学医学部附属病院感染制御部の柳澤邦雄助教(研究当時、血液内科所属)らの研究グループは、長崎大学熱帯医学研究所、タイ王国保健省生命医科学研究所との共同研究により、後天性免疫不全症候群(AIDS:エイズ)患者 …

理工学系技術部の近藤良夫統括技術長が、大学等環境安全協議会にて技術賞を受賞しました

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報, 研究・産学連携
令和2年11月26日(木)~ 27日(金)に、群馬大学理工学部で開催された第36回大学等環境安全協議会技術分科会で、理工学系技術部の近藤良夫統括技術長が技術賞を受賞しました。授賞式は7月の第38回総会・シンポジウムで行う …

群馬大学がデータサイエンス系大学教育組織連絡会の会員になりました。

[CATEGORY] 新着情報, 研究・産学連携
2020年11月16日、群馬大学情報学部設置準備室が、データサイエンス系大学教育組織連絡会の会員になりました。この連絡会は、データサイエンス分野の専門教育組織を設立してきた大学や開設準備中の大学(※6大学)が連携協力して …

大学院理工学府の三輪空司准教授が、2020年度計測自動制御学会・計測部門・部門論文賞を受賞しました

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報, 研究・産学連携 [tag]
計測自動制御学会・計測部門では計測分野の活性化をはかることを目的として部門論文賞を設け、受賞前年1-12月号の計測自動制御学会論文誌および英文誌へ掲載された計測分野の論文の中から優れた論文に対して表彰を行っています。本年 …

大学院理工学府の栗田伸幸准教授が開発に携わっている超小型小児用人工心臓が、National Institutes of Healthの研究助成金 Research Project Grant (R01) に採択されました

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報, 研究・産学連携 [tag]
大学院理工学府電子情報部門の栗田伸幸准教授を含む研究グループが、Dr. O. H. Frazier (THI ※1) を代表とし、NIH ※2から研究助成金 Research Project Grant (R01)※3を …

大学院理工学府の清水義彦教授が参加する実証実験が、太陽誘電株式会社、大泉町、千代田町との協働で開始されます

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報, 研究・産学連携
大学院理工学府の清水義彦教授(群馬大学大学院理工学府広域首都圏防災研究センター※長)が、太陽誘電株式会社、大泉町、千代田町と協働して河川等状況監視システム(以下、河川監視システム)の実証実験を実施することとなり、9月14 …
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です