本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

あかつき告げる

群馬大学教育学部創立百周年記念歌

こちらをクリックするとメロディが流れます

あかつき告げる

akatuki1

akatuki2

詞   大槻三好
曲   塚本靖彦
編曲  塚本靖彦

  1. あかつき告げる 百千鳥(ももちどり)
    学びの窓は 開けそめて
    光りあまねく 野山を照らせり
    翼を鍛えつ 父なる赤城よ 
    時勢(とき)のあらしに 羽ばたき()けると
    真理(まこと)を求めて 高鳴る血潮
    明日の使命を われら共に歌わん
  2. 深山(みやま)に湧きし 真清水(ましみず)
    岩をもくだき 玉と散り
    ()してゆたけく 大地をうるおす
    緑野(りょくや)(ひら)きし 母なる大利根
    愛の(おし)えを こころに刻みて
    技術(わざ)を磨けば わきたつ血潮
    明日の使命を われら共に歌わん

解説

記念歌「あかつき告げる」  作詞:大槻三好 作曲・編曲:塚本靖彦

群馬大学教育学部は昭和48年度に創立100周年を迎え、各種行事の一環として作られたのがこの曲です。作詞の大槻三好氏は群馬師範学校卒で、長年教育に携わる傍ら、自由律俳句、美術、石原和三郎研究や随筆の著書多数という方です。

詞が全部出来ても、最初の一行「あかつき告げる百千鳥・・・」を苦心されていて、何回も書き直されたそうです。
塚本氏(現本学名誉教授)は、他の学生歌がみな長調なので、この曲は短調で試みてみようかと構想を練られたのこと。

御披露目は100周年式典の一環として、昭和48年10月27日、荒牧の教養大講義室。学部正面玄関左に記念碑が建ち、裏面に一番の歌詞が刻まれています。

  • 大槻三好(大正11.3 群師本科第1部卒)
  • 塚本靖彦(昭36.4 赴任. 芸大作曲科卒. 昭56.より教授. 作曲・編曲担当.平成12.4から群馬大学名誉教授)

(解説:教育学部音楽講座 midiデータ作成:学生部学生課)

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です