山脈さやかに

群馬大学学生歌

曲名をクリックするとメロディが流れます。

山脈さやかに

                            詞   黒沢研治
                                                                 曲   藤沢 誠
                                                                 編曲  塚本靖彦

             やまなみ                うすもやき          れっぷうくる          らぼく
   1.山脈さやかに 薄靄截りて          2.烈風狂いて 裸木に叫び
                                                                  ひょう    
     歴史のちまたに 朝を招けば               非情の氷雨の 骨に秘むれば

       希望のいぶきは 玉露散らし               平和の宴を いずこに求む
                               そうきゅう
       わきたつ泉に 生命あふるる               自由の蒼穹 いつの日仰ぐ
                                       ほむら
       うたえ今こそ 浄き青春                     燃えよ今こそ ひとつの炎に

             この声大地を めざましむ                  この意気世界を 革新す
                                     しるし
             ああ若き世代の 心のすみか群馬大学       ああ若き世代の 血潮の象徴群馬大学

                         こうほうさん
   3.思索のブロンズ 木立にもたれ        4.光范燦たる 日は昏れてゆき
         びふう
            みどりの微風に 心澄ませば                夕風ほのかに 月を誘えば

            神秘の調べは はるかにきこえ             洋々はてなき 未来の夢に
                                うしお
            真理の殿堂 高くそびゆる                 愁いと歓喜の 潮みちくる
            おお                      まこと
            開け今こそ 巨き扉を                     往かん今こそ 真実求めて
       ちえ   きょもう かいげん                        むきゅう 
            この知慧 虚妄を開眼す                    この道 無窮の野に向かう
             えいち                                    しょうじゃ
            ああ若き世代の 叡智の星座群馬大学      ああ若き世代の 理想の精舎群馬大学

 

yamanami1

yamanami2

 

解説

 学生歌「山脈さやかに」   作詞:黒沢研治 作曲:藤沢 誠 編曲:塚本靖彦
 昭和32年4月、応援歌の公募から4年程経て第3回目の公募が行われました。当選した黒沢氏によると、山紫水明に恵まれた群馬・前橋を中心とした風土と群大生の青春を謳歌したとあります。作曲の藤沢氏は既に亡くなっておられ、当時の経過は御遺族にも分からず、聴きそびれていますが、昭和36年頃は音楽講座を中心に盛んに歌われていました。

 御披露目表彰式は、昭和33年の5~6月頃、当時の学芸学部講堂で、賞金各5,000円。

 平成7年に塚本氏(現本学名誉教授)により、歌や合唱・伴奏の部分を改訂編曲、オーケストラ版も作られました。

  • 黒沢研治(昭33.3 群学芸第1部卒・第6回)
  • 藤沢 誠(昭36.3 群学芸第1部音楽卒・第9回)
  • 塚本靖彦(昭36.4 赴任. 芸大作曲科卒. 昭56から教授. 作曲・編曲担当.平12.4から群馬大学名誉教授)
    (解説:教育学部音楽講座 midiデータ作成:学生部学生課)