奨学金を受けている者へ

日本学生支援機構奨学金

ホームページ http://www.jasso.go.jp別ウィンドウ

日本学生支援機構の奨学金を受けている者は、次のことを遵守し、届出書類など必要な書類を学生支援課に提出してください。

1.奨学金の振込み

奨学金は、原則として毎月11日に、本人指定の銀行口座に振り込まれます。ただし、医学部の学生は、成績の発行時期の関係で4・5月分が5月の振込日にまとめて振り込まれる場合があります。また、3月満期者は2・3月分が2月の振込日にまとめて振り込まれますので注意してください。

2.異動の届出

退学、休学、復学、留学、辞退、転学部、転学科等の異動が生じた場合は、 速やかに大学の担当係に連絡をとり、所定の異動願(届)を提出してください。この届出が遅れると、一度振り込まれた奨学金の返還を求められたり、奨学金が振り込まれないような事態が発生しますので、必ず手続をしてください。

区分 異動種別 異動事由 提出書類
交付の取りやめ 退学 自己都合
授業料未納による除籍
・異動届
・在学届(辞退のみ)
死亡 死亡
辞退 自己都合・学校指導
修業年限短縮卒業・修了
採用取消 自己都合、返還誓約書未提出 ・採用取消願
休止 休止 休学、長期欠席 ・異動届
留学で奨学金の継続貸与ができないもの
復活 復活 復学等 ・異動届

3.奨学金継続願及び受領資格の確認

奨学生は毎年冬季に「奨学金継続願」の提出が義務付けられています。正当な理由なく確認の手続や提出を行わない場合は、奨学金を必要としな くなったものとみなされ、翌年度以降の奨学金は廃止となります。毎年1月頃、説明会を開催していますので、対象者は各学部の学内掲示板を確認し、必ず出席してください。

4.学業成績報告

奨学生は毎年学業成績の報告が義務付けられています。成績が著しく不良であったり、単位が不足したりすると最悪の場合は奨学金が打ち切られ、廃止(奨学生の資格を失わせる)となりますので勉学に励んでください。

5.奨学金の返還

奨学金は貸与であり、貸与終了後に返還することが義務付けられています。また、返還金は後輩の奨学金として貸与されることになっていますので、滞りなく返還してください。(なお、返還を延滞した者に対しては、法的措置が講じられます。)

毎年11月頃、翌年3月満期予定者(卒業・修了見込者)及び翌年3月在学猶予期間満了予定者を対象とした説明会を開催していますので、対象者は各学部の学内掲示板を確認し、必ず出席してください。

6.奨学金の返還免除

大学院において第一種奨学金を貸与された者で、在学中に特に優れた業績があると日本学生支援機構が認めた者には、返還金を免除する制度があります。希望者は各研究科の学内掲示板を確認してください。

7.在学中の返還猶予

奨学金の貸与を受けていた者で、貸与終了後も進学・留年等により在学している場合、在学中の返還猶予が認められます。希望者は学内掲示板を確認し、スカラネット・パーソナルから「在学猶予願」を提出してください。

奨学金に関するお問い合わせ先

地区 学部・研究科 学年 担当部署
荒牧 教育学部(大学院・専攻科を含む) 全学年 学務部学生支援課
学生生活係
(学生センター5番窓口)
TEL:027-220-7142
社会情報学部(大学院を含む) 全学年
医学部 1年
理工学部 1年
昭和 医学部 2年以上 昭和地区事務部学務課
学事・学生支援係
TEL:027-220-7792
医学系研究科・保健学研究科 全学年
桐生

太田
工学部・理工学部 2年以上 理工学部
学生支援係
TEL:0277-30-1042
理工学府 全学年