本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

新着情報

投稿カテゴリー イベント

群馬大学アナログ集積回路研究会 講演会のお知らせ(2022年6月28日)

[CATEGORY] イベント [tag]
群馬大学アナログ集積回路研究会 講演会を6月28日(火)に開催します。  電子情報通信工学分野・関連技術分野とくにアナログ集積回路分野の大学・産業界の研究者・技術者・学生のレベルを向上させることを目的として、産業界・研究 …

高校生対象の研究体験イベントを開催します!―JSPS「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~」採択事業―

[CATEGORY] イベント, 新着情報 [tag]
群馬大学理工学部では、以下の2つのプログラムを実施します。 いずれも参加費は無料です。 興味のある方は、詳細をご覧の上、ぜひお申し込みください。 皆様のご参加をお待ちしております。 ★事前申込み制です。プログラムによって …

高校生向けイベント 一日体験理工学教室「機械の学校ハイブリッド」を開催します(2022年7月18日(月・祝))

[CATEGORY] イベント, 新着情報 [tag]
今年はハイブリッド開催!オンラインのテーマは全国どこからでも参加できます! 対面のテーマは桐生キャンパスで実施します! 毎年大好評の「機械の学校」を、「ハイブリッド開催」します。 オンラインのテーマは、ご自宅からご家族と …

2022年度第4回 群馬大学記者会見を開催します(2022年6月17日(金)11:00~)

[CATEGORY] イベント, プレスリリース, 報道発表, 新着情報
2022年6月17日(金)11:00~ 群馬県庁32 階NETSUGENにて、記者会見を開催します。 第1部 ウクライナ学生の受け入れ 会見者 群馬大学長 石崎泰樹 駐日ウクライナ特命全権大使 セルギー・コルスンスキー …

「グローカル・ハタラクラスぐんま」プロジェクトGHKGキャリア開発セミナー~ESG投資の基礎知識~

[CATEGORY] イベント, プレスリリース, 報道発表, 新着情報 [tag]
「グローカル・ハタラクラスぐんま(GHKG)」プロジェクトでは、群馬、全国、そして、世界を舞台に活躍する「グローカル人財」の育成に取り組んでいます。GHKGといえば、これまでは、外国人留学生の就職支援が中心的な取組となっ …

2022年度1日体験化学教室の開催と参加者募集のお知らせ(2022年7月30日(土))

[CATEGORY] イベント, 新着情報 [tag]
群馬大学理工学部(桐生キャンパス)において、2022年7月30日(土)に、毎年大好評の実験体験イベント「1日体験化学教室」を開催いたします。理工学部教員および大学院生とともに、化学と生物化学に関連する実験を体験することが …

群馬大学 安全・安心なくらしを守る土木技術に関するシンポジウムを開催します(2022年7月26日)

[CATEGORY] イベント, 新着情報 [tag] ,
群馬大学広域首都圏防災研究センターでは、2010年5月より、防災に関する研究活動を進めております。センターの構成教員は土木環境プログラムの教員で構成され、安全・安心なくらしを守る土木技術に関する研究を進めています。 一方 …

群馬大学アナログ集積回路研究会 講演会のお知らせ(2022年6月21日(火))

[CATEGORY] イベント, 新着情報 [tag]
群馬大学アナログ集積回路研究会 講演会を2022年6月21日(火)に開催します。  電子情報通信工学分野・関連技術分野とくにアナログ集積回路分野の大学・産業界の研究者・技術者・学生のレベルを向上させることを目的として、産 …

群馬大学アナログ集積回路研究会 講演会のお知らせ(2022年6月20日(月))

[CATEGORY] イベント, 新着情報 [tag]
群馬大学アナログ集積回路研究会 講演会を2022年6月20日(月)に開催します。  電子情報通信工学分野・関連技術分野とくにアナログ集積回路分野の大学・産業界の研究者・技術者・学生のレベルを向上させることを目的として、産 …

駐日ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国特命全権大使が石崎学長を表敬訪問

[CATEGORY] イベント, 新着情報, 研究・産学連携
2022年6月2日、Sinisa Berjan駐日ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国特命大使が本学に来訪し、石崎泰樹学長、田中麻里国際センター長を表敬訪問されました。 表敬訪問の席上では、今後、本学とボスニア・ヘルツェゴビナ …
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です