本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

糖尿病根本治療へ向けたヒト膵島を用いたトランスレーショナルリサーチ

糖尿病根本治療へ向けたヒト膵島を用いたトランスレーショナルリサーチ

 

生体調節研究所
教授

白川 純

 

β細胞を含む膵島は、マウスなどの動物モデルとヒトでは多くの点で異なっていることがわかってきています。本研究では、ドナー由来のヒト膵島をもちいて、治療への実用化にむけた橋渡しとなる研究 (トランスレーショナルリサーチ)に取組んでいます。

 

 

キーワード 糖尿病、生活習慣病、トランスレーショナルリサーチ、治療法開発、膵島

 

 

Diabetes translational research using human pancreatic islets

 

Jun Shirakawa

Professor, Institute for Molecular and Cellular Regulation, Gunma University.

 

Pancreatic β-cell dysfunction in type 1 and type 2 diabetes is accompanied by a progressive loss of β-cells, and an understanding of the cellular mechanism(s) that regulate β-cell mass will enable approaches to enhance insulin secretion. However, human and rodent islets differ in structure, composition, function and gene expression. It is becoming increasingly recognized that use of islets is an essential approach to restore β-cell mass to prevent and/or cure type 1 and type 2 diabetes. In this project, we take an integrative approach to develop a cure for diabetes by using human islets.

 

 

Keywords diabetes, metabolic disease, translational research, human islets
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です