本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

超スマート社会を実現する分野融合領域におけるグリーンエネルギー・環境イノベーション技術の開発とその応用

超スマート社会を実現する分野融合領域におけるグリーンエネルギー・環境イノベーション技術の開発とその応用

 
 
 
 
 
 

群馬大学大学院理工学府
教授

石間 経章

群馬大学大学院理工学府
教授

橋本 誠司

 

「超スマート社会」を実現し、世界を牽引するためには、未来の産業創造と社会変革に向けた先駆的な取り組みが必要不可欠である。新エネルギー利用創成とその高効率利用においても変革が求められており、環境を考慮した新しい技術の創出とそのブレークスルーが急務となっている。本研究では、創電・換電・蓄電技術を強みとする電子情報部門とエネルギーの高度利用技術を強みとする知能機械創製部門が協調し、知能化した創電・換電・蓄電技術をコアとする新しいエネルギー利用技術の開発に取り組んでいます。

 

 

キーワード グリーンエネルギー,パワーマネージメント,スローモビリティ,知能化・高効率化

 

 

Development of green energy and environmental innovation technologies that realizes a super smart society

 
 
 
 
 

Tsuneaki Ishima

Professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University

Seiji Hashimoto

Professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University

 

In order to realize a “super smart society” and lead the world, pioneering efforts for future industrial creation and social change are indispensable. Changes are also required in energy conversion and its efficient use, and there is an urgent need to create new technologies that take the environment into consideration and break through them. In this research, the division of electronics and informatics and the division of mechanical science and technology are collaborating to develop novel energy utilization technology centered on intelligent power generation, conversion, and power storage technologies.

 

 

Keywords green energy, power management, slow mobility, intelligence and high efficiency
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です