本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

先進放射線医療の高度化に資する大規模集積型放射線計測システムの開発

先進放射線医療の高度化に資する大規模集積型放射線計測システムの開発

 
 
 
 

群馬大学大学院理工学府
教授

神谷 富裕

重粒子線治療のビームには、核破砕反応によりわずかですが種類の異なる粒子線が混在します。これを考慮したより高精度な照射、さらにはマルチイオン照射などが導入される次世代の治療システムでは、治療計画のための線量評価において粒子線種の弁別能に加えて空間分解能の高い計測システムが求められます。本研究では、この要求に基づき新たな検出素子、およびそれからの信号読み出し回路系としてASIC(特定用途向け集積回路)やFPGA(論理回路の構造を何度も繰り返し再構成できる半導体チップ)といった大規模集積型複合信号処理回路の開発と、群馬大学重粒子医学研究センターにおける照射実験を行っています。これにより治療後のQOLの高い放射線医療の普及を図り、長寿社会においてがんを経験した高齢者に健康的な生活が確保できるよう貢献したいと考えております。

 

キーワード 重粒子線治療、線量線計測、放射線物理、加速器、イオンビーム

 

 

Development of a large-scale integrated radiation measurement system that contributes to highly advanced radiology

 
 
 
 
 

Tomihio Kamiya

Professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University

 

 

In heavy ion radiotherapy, the beam contains a little amount of particles with different mass and energy from the main beam due to nuclear fracturing reactions during the irradiation. In consideration of this effect and multi-ion irradiation which will be introduced in the next generation of heavy ion radiotherapy, an advanced detection system which can distinct the kinds of particles in addition to have high spatial resolution is required in the dose evaluation for treatment planning. Based on this requirement, we will develop a large-scale integrated radiation measurement system, and irradiation experiments are conducted. By advancing the heavy ion radiotherapy with high quality of life (QOL) after treatment, we would like to contribute to ensuring a healthy life for the elderly who have experienced cancer in a long-lived society.

 

 
Keywords heavy ion radiotherapy , dosimetry, radiation physics, accelerator, ion beam
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です