本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

ゲノム編集を応用したエピゲノム疾患の解明を目指して

ゲノム編集を応用したエピゲノム疾患の解明を目指して

 
 
 
 
 

群馬大学生体調節研究所
教授

畑田 出穂

ゲノム編集は医療のみならず、農業、畜産業、エネルギー産業に革命をもたらす重要な技術です。本研究では、ゲノム編集技術を応用したエピゲノム編集技術を用いて、これまで作製することができなかったエピゲノム疾患モデル動物を作製しエピゲノム疾患の解明を目指します。

▮ シルバーラッセル症候群(エピゲノム疾患の1つ)の疾患モデルマウス

(左)シルバーラッセル症候群の疾患モデルマウス(右)健康なマウス

 

 

キーワード 高ゲノム編集、CRISPR/Cas9 、エピゲノム、エピジェネティクス

 

 

Elucidatation of epigenetic diseases by using genome editing

 
 
 
 
 

Izuho Hatda

Professor, International Health Promotion Center, Gunma University

 

 

Genome editing is an important technology that will revolutionize not only medicine, but also agriculture, animal husbandry, and energy industry. In this study, we aim to elucidate epigenetic diseases by creating animal models of epigenetic diseases that could not be created in the past, using epigenome editing technology.

 

▮Mouse model for Silver Russell Syndrome (an epigenomic disease)

(Left) Silver Russell Syndrome Disease Model Mice ,(Right) Healthy mice

 

Keywords genome editing, CRISPR/Cas9, epigenome, epigenetics
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です