本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

治験におけるリモートSDVシステムの開発

治験におけるリモートSDVシステムの開発

 
 
 
 
 

群馬大学附属病院
准教授

大山 善昭

  • ウェブを介して遠隔(会社内)で電子カルテを閲覧できるシステムを開発しました。
  • このシステムにより、モニターが直接医療機関に訪問することなく、治験における様々な規制要件やガイドラインに合致したリモートSDV (Source Document Verification)が可能となります。
  • リモートSDVの実施により、モニター業務の効率化、治験のコスト削減、さらに接触機会減少による感染制御等のメリットが見込まれます。

 
キーワード 治験、直接閲覧、SDV、IoT

 

Development of Remote SDV in Clinical Trials

 
 
 
 
 

Yoshiaki Ohyama

Associate Professor, Gunma University Hospital

  • We have developed the system that allows to view electronic medical records remotely via the web.
  • This remote SDV (Source Document Verification)system meets various regulatory requirements and guidelines for clinical trials, without CRA (Clinical Research Associate) visiting medical institute directly.
  • The implementation of remote SDV is expected to have merits such as streamlining monitoring work, reducing clinical trial costs, and controlling infection by reducing contact opportunities.

 
Keywords Clinical trial, Source Document Verification, IoT
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です