本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

インドネシア女性の健康向上プロジェクト:地域格差の是正を目指して

インドネシア女性の健康向上プロジェクト:地域格差の是正を目指して

 
 
 
 
 

群馬大学大学院医学系研究科
助教
山﨑 千穂

群馬大学大学院医学系研究科
助教
セカル アユ パラミタ

 

インドネシアの保健指標は改善されつつありますが、地域による健康格差が大きく、特に東側の州での健康改善が喫緊の課題となっています。私たちは西パプア州トゥルク・ビントゥニ県において、貧血と栄養改善を中心とした女性の健康向上プロジェクトを実施しています。健康は学歴や地域の文化・習慣、価値観にも影響されるため、現地の保健医療スタッフや福祉・教育機関などと協働で多角的に取り組んでいます。

 

 

キーワード 国際協力、女性の健康、ジェンダー平等、インドネシア、健康の社会的決定要因

 

 

Improvement of women’s health in Indonesia: aiming to reduce regional disparity

 
 
 
 
 

Chiho Yamazaki

Assistant Professor, Graduate School of Medicine, Gunma University

Sekar Ayu Paramita

Assistant Professor, Graduate School of Medicine, Gunma University

 

Although Indonesia’s health indicators are improving, reducing a large health gap between regions, especially improvement in the Eastern regions, is an urgent issue. We are implementing a women’s health improvement project in Teluk Bintuni Regency, West Papua (one of the eastern province) with focus on anemia and nutrition. As women’s health outcome is affected by various factors including education level, culture and values (gender inequality society, believe in superstition, black magic and herbal medicine etc), we work together with local health staffs and approaching this issue from multiple angles.

 

 

Keywords International cooperation, women’s health, gender equality, Indonesia, social determinants of health
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です