本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

海洋分解性プラスチックが拓く持続可能な未来社会

海洋分解性プラスチックが拓く持続可能な未来社会

 
 
 
 
 

群馬大学 食健康科学教育研究センター
助教
鈴木 美和

プラスチックごみの増加による海洋環境汚染が全世界的な問題になっています。これらの解決策として、 微生物の作用により分解される生分解性プラスチックが注目されています。 持続可能な社会の構築を目指して、海洋生分解性プラスチックの研究開発に取り組んでいます。

 

 

キーワード 生分解性プラスチック、微生物叢解析、海洋ゴミ

 

 

Marine biodegradable plastics would bring a sustainable society.

 
 
 
 
 

Miwa Suzuki

Assistant professor, Gunma University Center for Food Science and Wellness (GUCFW)

 

 

Although plastics are one of the most important materials to make our life comfortable, plastic wastes leaking to environments cause serious concerns for ecosystem. Marine biodegradable plastics have been attraction as a solution for such issues. Here, we have been working on the marine biodegradable plastics in order to realize a sustainable society in the near future.

 

Keywords biodegradable plastics, microbiome, marine debris
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です