本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

聴覚障害に関わる支援人材育成を目的とした遠隔手話教育システムの構築

聴覚障害に関わる支援人材育成を目的とした遠隔手話教育システムの構築

 
 
 
 

群馬大学共同教育学部
教授

金澤 貴之

 

現在、全国的な手話通訳人材の不足、電話リレーサービスの公共インフラ化、高等教育機関における聴覚障害学生への手話通訳ニーズの対応の不十分さといった課題が山積しており、若年層を対象とした手話通訳者養成を真剣に考えていかなければ、聴覚障害者の社会参加が大きく阻まれてしまう現実に直面しています。 本テーマでは、高等教育機関において、手話教育研究拠点の連合体を形成し、遠隔ベースの手話教育システムを確立させることで、全国の手話通訳養成、手話に関わる専門支援者養成の質向上を目指しています。

 

キーワード 聴覚障害、手話言語習得、手話通訳者養成、社会参加

 

 

Establishment of a Remote Sign Language Education System Intended to Develop Supporters for the Deaf/Hard-of-Hearing

 
 
 
 
 

Takayuki Kanazawa

Professor, Cooperative Faculty of Education, Gunma University

 

Currently, we face a multitude of issues including the nationwide shortage of sign language interpreters, the switch to public infrastructure of the telephone relay service, and the insufficient response to the sign language interpretation needs of deaf/HoH students in higher education institutions. The objective of this project is to create a conjunction of sign language education and research bases and to establish a remote-based sign language education system, and contribute to the nationwide development of sign language interpreters and the improvement of the quality of development programs for professional supporters involved with sign language.

Keywords deaf/hard-of-hearing, sign language acquisition as a second language,sign language interpreter development, active participation in society
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です