本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

重金属取込抑制技術による持続可能な社会の構築を目指して

重金属取込抑制技術による持続可能な社会の構築を目指して

群馬大学副学長
群馬大学大学院理工学府
教授

板橋 英之

群馬大学大学院理工学府
准教授

樋山 みやび

 

鉱山における採掘や工場からの排出などの影響を受け、農作物を育てる土壌にヒ素やカドミウム等の重金属が高濃度に含まれるという問題があります。また、アジアの諸国では、近年の急激な経済の発展に伴い、重金属等の有害物質による 農地等の土壌汚染が深刻化しています。これらの問題の解決策として、 特にコメへの重金属の取り込みを抑制する土壌改良材 が効果を上げると期待できます。本研究では、来るべき持続可能な社会の構築を目指して土壌改良材 の開発に取組んでいます。

 

バークを原料にした土壌改良材
中国の水田における実験

 

キーワード 農作物への重金属取り込み抑制、水試料中の重金属分析、汚染された土壌の浄化

 

 

Control of Heavy Metal Uptake in Plant for sustainable society

Hideyuki Itabashi

Vice-President
Professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University

Miyabi Hiyama

Associate Professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University

 

The high concentrations of heavy metals in farm land become very high because of the effects of mine or industrial waste effluent. Such heavy metals grow into a serious problem in Asian countries with the economic explosion. One of the most effective solutions would be release ameliorants which fix heavy metals in soil. We have been working on the development of soil enrichment materials in order to realize a sustainable society in the near future.

 

Soil conditioner made from bark
Experiments in rice fields in China

 

Keywords biodegradable plastics, microbiome food, microbiology marine debris
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です