本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

世界の協定校と共通課題NCDsに対する取り組みを通した外国人との共生

世界の協定校と共通課題NCDsに対する取組みを通した外国人との共生

 
 
 
 

群馬大学大学院保健学研究科
准教授

牧野 孝俊

 

1日当たりの食塩平均摂取量は、日本人が10g、フィリピン人は15gのようにWHO (5g)や各国の厚生省が定めるものよりも過剰な状況であり、国際的に緊急に対応すべき優先課題としてタバコに次ぐ2番目に「減塩」があげられている。

そこで、群馬大学は、世界の協定校と共通課題であるNCDs (Goal 3.4)に焦点を当てた専門的知見や技術について共有・補完すること(Goal 17.16)により、質の高い医療・保健医療人材の育成を行う。

 

調理実習(群馬)2019
発表風景(群馬)2019
交換留学修了式(群馬)2019
減塩に対する健康教育(マニラ)2019
交換留学修了式(マニラ)2019

 

キーワード 協定校、共通課題、NCDs、減塩

 

Building a symbiotic relationship with foreigners through addressing the global problems of NCDs in collaboration with partner universities

 
 
 
 

Takatoshi Makino

Associate Professor, Graduate School of Health Sciences, Gunma University

 

 

WHO reported that salt reduction is an urgently priority issue which is second only to smoking, because people in the world consume excess salt under defined standards of WHO and Ministry of Health. Gunma University addresses substantially improves quality and quantity of health workforce through sharing and complementing knowledge and skill (Goal 17.16) focused on NCDs (Goal 3.4).

 

Making Japanese Food at Maebashi in 2019
A Debrief Meeting at Maebashi in 2019
Certificate Ceremony at Maebashi in 2019
Health Education for low sodium at Manila in 2019
Certificate Ceremony at Manila in 2019

 

Keywords Partner University, Common Challenge, NCDs, Salt Reduction
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です