本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

『シャーガス病制圧のための統合的研究開発』 病原体の遺伝子解析、治療薬創製でシャーガス病から人々を守れ!

『シャーガス病制圧のための統合的研究開発』 病原体の遺伝子解析、治療薬創製でシャーガス病から人々を守れ!

 
 
 
 
 

群馬大学大学院保健学研究科
教授

嶋田 淳子

病態形成に関わる原虫遺伝子を同定し、新規治療薬を開発する

中南米で流行しているシャーガス病は地域により心臓疾患、消化器疾患等多数の病態を示すが、その形成メカニズムはほとんど研究されていない。また治療薬は2種類しかなく、有効性、副作用等の問題があり新規治療薬が望まれている。

本プロジェクトでは本疾患の病態形成にかかわる原虫側病原遺伝子の解析、慢性期動物モデル作製、新規治療薬の合成・開発に取り組み、エルサルバドル科学技術研究センターとの協力体制を構築する。

日本発シーズで世界のシャーガス病制圧に貢献する

病原体ゲノム・遺伝子解析により病態形成に関わる因子を明らかにすることで、シャーガス病についての理解が進み臨床への応用が可能となる。日本発新規治療薬の開発により、現地の創業創出、経済発展、エルサルバドルをはじめとする流行国のシャーガス病の制圧が期待される。

相手国研究機関 :

教育省科学技術研究センター(CICES)、エルサルバドル大学、ホセマチアスデルガド大学、国立ロザレス病院他

国内研究機関 :

群馬大学、東京大学、慶應義塾大学、大阪市立大学、高崎健康福祉大学
研究期間 :

2017年から5年間

 

キーワード 国際共同研究、顧みられない熱帯病、分子疫学的解析と治療薬開発

 

 

= Integrated Research and Development towards Chagas Disease Control = Protect people from Chagas disease with genetic analysis of pathogens and development of therapeutic compounds

 
 
 
 
 

Junko Shimada

Professor, Graduate School of Health Sciences, Gunma University

Identify protozoa genome that leads to the disease and develop a new drug

Chagas disease epidemic in Latin America displays various symptoms by region, such as heart and digestive system disorders, but not much research has been conducted on its mechanism. Only two types of drugs are available, and due to effectiveness and side effect issues, development of a new drug is being sought. This project will analyze the parasite’s virulence gene related to the pathologic process of the disease, design chronic stage animal  model, compose and develop a new drug, and build a collaboration framework with Scientific Research Centre of EI Salvador(CICES)

Contribute to global control of Chagas disease with Japanese seeds

We will identify the gene related to pathologic process with pathogen genome and genetic analysis to promote understanding of the disease and enable clinical application. Creation of new industry, economic development, and control over Chagas disease in the endemic areas including El Salvador can be expected from development of a new drug in Japan.

Research Institutions in EL Salvador :

National Scientific Research Center of EL Salvador(CICES), University of EL Salvador, Dr.Jose Matias Delgado University, National Rosales Hospital

Research Institutions in Japan :

Gunma University, University of Tokyo, Keio University, Osaka City University, Takasaki Universityof Health and Welfare
Research Period :

5 Years (Since 2017 )

 

Keywords NTD, Joint International Research, Molecular-Epidemiological Analysis and Therapeutic drug development
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です