本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

遺伝子改変動物を利用したGABAニューロンの特性の解明を目指して

遺伝子改変動物を利用したGABAニューロンの特性の解明を目指して



 
 
 

群馬大学大学院医学系研究科
教授

柳川 右千夫
※在任時

 

GABAニューロンは主要な抑制性ニューロンであり、多くの脳機能において重要な役割を果たしている。GABAニューロンの機能不全は、てんかん、不安症、統合失調症など様々な精神神経疾患に関与する。しかし、GABAニューロンは脳に散在するので、同定するのが容易ではない。そこで、GABAニューロンを蛍光タンパク質で標識したマウスやラットを作製し、GABAニューロンの分子生物学的特性あるいは細胞学的特性を明らかにしようとしている。これらのマウスやラットは約20か国の研究者に利用され、国際共同研究が進められている。また、GABAニューロン特異的に発現する分子を欠損させたトランスジェニック動物を用いて、精神神経疾患の病態の解明を目指している。

 

 

キーワード GABAニューロン、遺伝子改変動物、精神神経疾患

 

 

Elucidation of GABAergic neuron properties using transgenic rodents



 
 
 

Yuchio Yanagawa

Professor, Graduate School of Medicine, Gunma University
※during in office

 

GABAergic neurons are major inhibitory neurons, and these neurons play important roles in a number of brain functions. Impairments in the GABAergic neurons are involved in neuropsychiatric disorders such as epilepsy, anxiety and schizophrenia. Since the GABAergic neurons are scattered in the brain, it is hard to identify these cells in living brain preparations. To overcome such a problem we generated transgenic mice or rats specifically expressing fluorescent proteins in GABAergic neurons, and these rodents have been used for elucidating molecular and cellular properties of GABAergic neurons. A number of researchers in approximately twenty countries have used these rodents as international joint research. In addition, we are trying to elucidate the pathophysiology of psychiatric disorders using the transgenic rodents, in which the GABAergic gene is deleted.

 

Keywords GABAergic neurons, transgenic rodents, psychiatric disorders
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です