本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

発電微生物による高効率水循環社会の構築を目指して

発電微生物による高効率水循環社会の構築を目指して

 
 

群馬大学群馬大学大学院理工学府
教授

渡邉 智秀

群馬大学群馬大学大学院理工学府
助教

窪田 恵一

 

我々が生きる上で排出される生活排水などは、適切に処理することが持続可能な環境を構築する上で必要不可欠です。しかしながら、排水処理には多大なエネルギー消費と環境負荷が生じています。一方で、排水中には多くのエネルギーが残存しており、有用なエネルギー資源として注目されています。本研究では、持続可能な社会に適応した排水処理システムの構築のため、生物電気化学技術を用いた発電型の排水処理技術である”微生物燃料電池”による排水処理技術の開発を行っています。

 

キーワード 排水処理、微生物燃料電池、発電微生物、創エネルギー 

 

Development of high-efficiency water cycle system by electrogenic bacteria

 
 

Tomohide Watanabe

Professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University

 

Keiichi Kubota

Assistant professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University

 

Suitable treatment of wastewater, which is inevitably discharged from humans activity, is necessary to build a sustainable society. However, current technology has a few environmental problems. Meanwhile, wastewater includes a lot of organic matter and nutrients, so it has been attracting attention as one of the unharnessed energy sources. Here, we have been working on the development of electrical generatable wastewater treatment systems of Microbial Fuel Cells to construct a system suitable for a sustainable society.

 

Keywords Wastewater treatment, Biodegradation, Energy recovery from waste, Microbial Fuel Cells 

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です