本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

アジアモンスーン地域諸国のための低コスト土砂災害警戒システムの開発

アジアモンスーン地域諸国のための低コスト土砂災害警戒システムの開発

 
 
 
 
 

群馬大学大学院理工学府
教授

若井 明彦

 

地球規模の気候変動は極端気象の深刻化や高頻度化をもたらします。とりわけアジアモンスーン地域はその影響を著しく受けるため、有効な低コスト土砂災害警戒システムを開発することは開発途上国の人々の生命を守るうえで喫緊の課題です。私たちは、e-ASIA JRPの枠組みを利用した国際共同研究を立ち上げ、土砂災害軽減に資する研究を推進しています。

 

キーワード 気候変動対策、斜面災害、減災、早期警戒、国際協力

 

Low-cost early warning system for landslide hazard mitigation in monsoon Asia countries

 
 
 
 
 

Akihiko Wakai

Professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University

 

Global climate change will cause an increase in the intensity and frequency of extreme weather events. Especially monsoon Asia region would be more affected by the consequences, and the development of an effective and low-cost landslide hazard early-warning system is an urgent issue for survival of residents in developing Asian countries. We aim to help reduce landslide disasters in cooperation with researchers from Japan, Thailand and Vietnam as an international collaborative research work in the framework of e-ASIA JRP.

 

 

Keywords climate action, landslide, mitigation, early warning, international cooperation
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です