本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

社会資本の根幹を成すコンクリ―ト構造物の耐火性向上を目指して

社会資本の根幹を成すコンクリ―ト構造物の耐火性向上を目指して

 
 
 
 

群馬大学大学院理工学府
准教授

小澤 満津雄

 

社会資本の根幹を成す鉄筋コンクリート構造物が広く、共用されています。従来、コンクリートは耐火性のある材料とされてきましたが、強度が高くなると、火災時に爆裂という現象を生じることがあります。この爆裂現象は熱応力と蒸気圧によって生じるとされていますが、爆裂を抑制するために、ポリプロピレンなどの合成短繊維が使用されています。一方、本研究室では持続可能な資源の有効利用を目指して、天然のジュート繊維を混入する方法について検討を進めています。また、コンクリートの耐火性を評価する方法として、リング拘束加熱試験法を提案しています。

 

キーワード コンクリート、耐火性、爆裂、天然繊維、リング拘束加熱試験、熱応力説、蒸気圧説

 

 

Preventive effect on fire spalling of high-strength concrete with Jute fibre

 
 
 
 

Mitsuo Ozawa

Associate Professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University

 

High-performance concrete (HPC) is used in the construction of high-rise buildings, bridges and other major structures worldwide. When it is exposed to high temperatures, it exhibits explosive spalling. Ring-restraint heat testing was conducted on various types of fibre-reinforced high performance concrete (HPC) i.e. HPC reinforced with PP fibre or jute fibre to evaluate their effect on spalling.

 

Keyword High performance concrete, Ring specimen, Jute fibre, PP fibre, Fire spalling
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です