本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

自然環境と調和しながら、快適さを損なわない暮らしのための発電装置

自然環境と調和しながら、快適さを損なわない暮らしのための発電装置

 
 
 
 
 

群馬大学大学院理工学府
教授

中川 紳好

 

燃料電池は化学反応から直接電力を得る発電装置で、エネルギー変換効率が高く、排ガスには環境汚染物質を出しません。枯渇が心配される化石燃料を無駄なく使うため、そして将来的には再生可能エネルギーから作られる水素やアルコールなどを利用して、自然環境と調和しながら、便利さ、快適さを損なわない暮らしを構築するためのキーテクノロジーとして期待されています。私たちはメタノールなどの液体燃料を直接利用する燃料電池の実用化に向けた研究開発に取り組んでいます。

 

キーワード 化学工学、エネルギー工学、燃料電池工学、反応工学、電気化学

 

 

Power generation device for the future society with sustainable development

 
 
 
 
 

Nobuyoshi Nakagawa

Professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University

 

Fuel cell is a power generation device that directly generate electricity from chemical reactions, have high energy conversion efficiency, and do not emit environmental pollutants. In order to effectively use fossil fuels without loss, and in the future, to use hydrogen and/or alcohol made from renewable energy for living in harmony with the natural environment without compromising convenience and comfort, it is expected as a key technology. We are working on research and development for the practical application of fuel cells that directly use liquid fuels such as methanol.

 

Keywords chemical engineering, energy engineering, fuel cell engineering, electrochemistry
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です