本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

女性の生産的雇用と働きがい向上に資する卵の質の本質的理解に向けた試み

女性の生産的雇用と働きがい向上に資する卵の質の本質的理解に向けた試み

 
 
 

群馬大学生体調節研究所
准教授

佐藤 裕公

 

人類は、生物学上の理由で女性が妊娠・出産の主たる心身リスクを負わざるを得ません。その中で近年明らかになった、30歳代における卵子の加齢リスクが産仔を望む場合の最も早い制限要因であるという事実は、女性にとっての妊娠・出産という選択が、発展途上国では女性の社会への参画や生産的な雇用と働きがいの実現に対する実質的なトレードオフ要因に、先進国では人口減少の一因に、それぞれなっていることを示唆しています。本研究では、女性の生産的雇用と働きがいの向上に資するため、未知の点が多い哺乳類の卵の質やその加齢リスクについて本質的に理解することを目指します。

 

 

キーワード 加齢リスク、低侵襲性イメージング、受精、生殖、発生

 

 

Approaches for understanding “oocyte quality” for women’s productive employment and fulfilled working situations

 
 
 

Yuhkoh Satouh

Associate Professor, Institute for Molecular and Cellular Regulation, Gunma University

 

In the biological system of human being, women has to bear the main mental and physical risk of pregnancy and childbirth. Recently, it is clarified that the aging risks of oocytes at women’s mid-30s is one of the biggest and earliest limiting factor for childbirth. This implies that the childbirth plan can largely restrict the social participation, productive employment and fulfilled working, of 30s women in developing countries, and can contribute to population decline in developed countries. We aim to contribute the sustainable participation of women in working situations through understanding the determinants for the quality of mammalian oocyte and its aging risks.

 

 

Keywords aging risk, low-invasive imaging, reproduction, fertilization, development
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です