本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

色素増感太陽電池の開発

色素増感太陽電池の開発

 
 

群馬大学副学長
群馬大学大学院理工学府
教授

花屋 実Hanaya Minoru
在任時

 

色素増感太陽電池(DSSC)は、

  • 大気下で容易に作製できる。
  • 製造に要するエネルギーが、通常のシリコン太陽電池の10分の1。
  • 原料に毒性がない。
  • シリコン太陽電池に匹敵する太陽光-電気エネルギー変換効率が実現されている。

ことから、次代のエネルギーデバイスとして期待されています。
我々の研究チームは、色素増感太陽電池において世界最高効率 14.3 % を達成しています。

 

キーワード 太陽電池、無機-有機複合化、有機ケイ素材料 

 

 

Development of Dye-sensitized Solar Cell

 
 

Minoru Hanaya

Vice-President
Professor, Graduate School of Science and Technology, Gunma University
※during in office

 

  • Dye-sensitized solar cell can be constructed under atmospheric conditions.
  • Dye-sensitized solar cell can be constructed only by 10 % energy of the production energy for the conventional silicon solar cell.
  • Dye-sensitized solar cell is not toxic.
  • Light-to-electric energy conversion efficiencies of dye-sensitized solar cells have reached as high as those of the conventional silicon solar cells.
    (Efficiency of 14.3 %, which is the highest in the world, has been achieved by our research team. )

 

Keywords solar cell, inorganic-organic hybridization, organosilicon materials 
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です