本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

ネパール農村部における教育格差の決定要因:教育関連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に関して

ネパール農村部における教育格差の決定要因:教育関連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成に関して

 
 

群馬大学大学教育・学生支援機構大学教育センター
講師

ネウパネ プラミラ

 

本研究プロジェクトは、ネパール農村部の性別、カースト、民族、および所得グループ全体の教育格差の重要な決定要因を探ることを目的としています。 また、そのような格差が地域社会の社会経済的発展に与える影響を検証します。この研究では、経験的調査結果の意味を探り、持続可能な開発目標#4 (すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する) の達成に直接貢献する農村地域での包括的教育開発のフレームワークを開発します。

 

キーワード 障壁、教育、性別、包括的教育、ネパール、SDG4 

 

Determinants of educational disparity in rural Nepal: Implication for achieving the education related Sustainable Development Goals (SDGs) at local level

 
 

Pramila Neupane

Lecturer, University Education Center, Gunma University

 

This research project aims to explore the key determinants of educational disparity across gender, caste, ethnic, and income groups in rural Nepal. It will also examine the impacts of such disparity on the socio-economic development of the local community. The study will explore the implications of empirical findings and develop a framework for inclusive educational development in rural areas that will directly contribute to achieving the Sustainable Development Goal #4: ensure inclusive and equitable quality education and promote lifelong learning opportunities for all.

 

 

Key words barriers, education, gender, inclusive education, Nepal, SDG4

 

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です