本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここから本文です

新着情報

第18回放射線プロセスシンポジウムにおいて、大学院理工学府 博士前期課程1年・連携講座(量子科学技術研究開発機構)の小泉朋矢さんが、奨励賞を受賞しました

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報 [tag]

2021年11月16日(火)にオンライン開催された第18回放射線プロセスシンポジウムにおいて、博士前期課程1年・連携講座(量子科学技術研究開発機構)の小泉朋矢さんが、奨励賞を受賞しました。発表題目は「量子ビーム架橋技術を利用したすい臓がん診断用ゼラチンナノ粒子の創出」です。

同機構では、世界最先端の医療材料の創製を目的に、量子ビームの微細加工技術を駆使することで、タンパク質など生体親和性材料の改質・機能化技術の開発を目指しています。小泉さんは、量子ビームをゼラチン水溶液に照射することによりナノ粒子を作製し、それに蛍光標識や放射性銅の担持を行い、実際のすい臓がん細胞やすい臓がん担持マウスへ導入し、集積性を評価しました。作製したナノ粒子は、すい臓がん診断用の新規PETイメージング用薬剤としての応用が期待されます。

関連リンク

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です