本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここから本文です

新着情報

理工学部 物質・環境類 材料科学プログラムの荘司研究室と渡邉客員教授の共著論文が、スマートプロセス学会論文賞を受賞しました

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報 [tag]

理工学部物質・環境類 材料科学プログラムの荘司研究室(三ツ井恒平さん(投稿時博士前期課程2年)、荘司郁夫教授、小林竜也助教)と渡邉客員教授(富士電機(株))の共著論文が、スマートプロセス学会論文賞を受賞しました。受賞論文名は「Sn-Sb-Ag系高温鉛フリーはんだ合金の機械的性質に及ぼす微量Ni及びGe添加の影響」であり、共同研究の成果を投稿時修士課程2年生であった三ツ井恒平さん(現富士電機(株))が修士課程の研究成果の集大成としてまとめたものです。

本研究は、パワーデバイス用高温はんだの候補である錫(Sn)-アンチモン(Sb)-銀(Ag)系三元合金を対象として、ニッケル(Ni)およびゲルマニウム(Ge)の微量添加による機械的特性の改善を試みた研究で、200℃における疲労特性の向上を達成しています。本賞については、4月に発行されたスマートプロセス学会誌において発表され、授賞式が11月15日にオンラインにて開催された2021年度学術講演会の中で行われました。授賞式後、筆頭著者である三ツ井さんによる受賞記念講演が行われ、受賞論文の内容に最新のデータも加えた成果が披露されました。

     左:小林助教、右:荘司教授                  左:渡邉客員教授、右:三ツ井さん

関連リンク

 


ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です