本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここからサブメニューです
ここでサブメニュー終了です
ここから本文です

医学部医学科・医学系研究科

学部

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)~このような人材を育てます~

学位授与の条件、達成度・能力評価の基準

所定の年限在学し、かつ所定の単位を修得した、次のような者に学士の学位を授与します。

学修成果の目標

医学と医療が自然科学の上に成り立ち、かつ社会の中で人を対象として行われるものであることを理解し、科学的知(Science)、倫理(Ethics)、技能(Skill)の3つの面(SES)にわたって生涯自己研鑽を続けることができる者

具体的には、次のとおりです。

  1. 医師にふさわしい倫理観と責任感を有し、医療チームの中で医師として適切な行動をとることができ、他者と信頼関係を築ける者
  2. 医師、医学研究者、医学教育者又は医療行政担当者となるために必要な知識を身に付けるとともに、新たな課題にも対応できる問題解決能力を修得した者
  3. 医学知識に裏打ちされた臨床と研究の能力を修得し、患者により良い医療を提供する能力と、医学や医療の発展に貢献する意欲を備えた者

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)~このような教育を行います~ 

教育の目標

医学と医療が自然科学の上に成り立ち、かつ社会の中で人を対象として行われるものであることを理解し、科学的知(Science)、倫理(Ethics)、技能(Skill)の3つの面(SES)にわたって生涯自己研鑽する力が付く教育

  1. 自分をふりかえり他者を思いやる心が育ち、コミュニケーションを通して相互理解を図る態度が身に付く教育
  2. 自然科学、医学、医療、人間と社会に関わる知を習得し、それを実践で活かす力が身に付く教育
  3. 新たな課題にも対応できる問題解決能力が身に付き、リサーチマインドが育つ教育
  4. 生涯にわたって社会貢献と自己研鑽に努める意欲が育つ教育

教育課程の編成

  1. 教養教育科目では幅広く深い教養、総合的な判断力、自然との共生を基盤とした豊かな人間性を涵養する。
  2. 専門教育科目では、講義と実験、実習を通して医師、医学系研究者、医療行政担当者として社会に貢献するために必要となる知識、技能、態度を身につけさせる。
  3. 臨床実習では、共用試験に合格し、Student Doctorと認定された学生が実践的な知識と技能を学ぶとともに、医師にふさわしい態度を身につけさせる。
  4. 6年間を通して、医療安全、医療倫理、多職種連携の学修機会を提供する。
  5. カリキュラムツリーやカリキュラムマップを用いて、教育課程の体系性や構造を明示するとともに、各科目の教育内容をシラバスに詳述する。

教育内容・方法

  1. 教養教育科目および専門教育科目では、能動的学修を取り入れて深い教養、総合的な判断力、自然との共生を基盤とした豊かな人間性を涵養する。
  2. 人間科学科目では、講義、実習に加えて、体験型、討論型授業を取り入れ、自分をふりかえり他者を思いやる心が育ち、相互理解を図る態度を身につく教育を行い、医師になろうとする者に必要な、知識と技能だけでない基本的な素養を身につけさせる。
  3. 生命医学科目、臨床医学科目、臨床医学講義・演習では、講義、演習、実習に加えてグループ学習を取り入れ、医師になろうとする者に必要な、知識と技能、新たな課題にも対応できる問題解決能力を身につけさせる。
  4. 臨床医学実習では、チーム医療実習や臨床実習で医学、医療、人間と社会に関わる知識と技能及び医師としての素養を身に付け、実践でいかす力を身につけさせる。

学修成果の評価

  1. 各科目において、シラバスに記載した評価方法に基づき到達目標の達成度を評価する。
  2. 科目単位の評価と併せ、アウトカムに基づき医学生として求められる資質・適性・能力についても評価を行う。
  3. 学修成果の評価は学則に従いS、A、B、C、Dの5段階での判定を行う。
  4. 4年次に全国共通の学修到達度評価である共用試験を実施し、診療参加型臨床実習に参加するための知識・技能・態度について評価する。
  5. 6年次に診療参加型臨床実習後客観的臨床能力試験を実施し、総合的臨床能力について評価する。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)~このような人を求めています~

医学と医療が自然科学の上に成り立ち、かつ社会の中で人を対象として行われるものであることをふまえ、医学生として、科学的知(Science)、倫理(Ethics)、技能(Skill)の3つの面(SES)にわたって自己研鑽に励むことができる人

  1. 豊かな感受性、奉仕の精神を備え、医師としてふさわしい資質を身につけることを目指して、不断の努力を積み重ねられる人
  2. 医療、医学研究、医学教育もしくは医療行政などの分野において、社会に貢献することへの志と強い信念を持っている人
  3. 本学科の教育内容を理解するために必要な総合的基礎学力を十分に備えている人

入学前に学習することが期待される内容

特に日常的な学習が十分に行われていることが望ましいのは、国語と英語である。専門科目を学ぶために必要となるのは、数学では、数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・Bであり、理科では、受験科目にかかわらず、物理(物理基礎を含む)、化学(化学基礎を含む)、生物(生物基礎を含む)である。

入学者選抜の基本方針

本学科では、上記の素養を持つ学生を選抜するために、次のような入学試験を実施します。
○一般選抜 前期日程
 3に対しては大学入学共通テストと学力検査(数学、理科)を、1、2、3に対しては小論文と面接を課します。
○学校推薦型選抜
 3に対しては大学入学共通テストを課し、1、2、3に対しては小論文と面接を課します。また、出願書類(調査書、推薦書、適正資質調査書、志望理由書)を加え、総合して判定します。
○私費外国人留学生選抜
 日本語での大学教育を受けられる日本語能力を身につけているかどうかを判断するために日本留学試験を課しています。また、3に対しては学力検査(数学、理科)を、1、2、3に対しては小論文と面接を課します。さらに、成績証明書を加え、総合して判定します。
○帰国生選抜
 3に対しては学力検査(数学、理科)を、1、2、3に対しては小論文と面接を課します。また、出願書類を加え、総合して判定します。
○2年次編入学
 1、2、3に対しては小論文と面接を課します。また、出願書類等を加え、総合して判定します。

入学者選抜方法における重点評価項目

AP 別表(医学部医学科)

大学院[修士課程・生命医科学専攻]

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)~このような人材を育てます~

学位授与の条件、達成度・能力評価の基準

  1. 所定の年限在籍し、修士課程に定められた単位を修得した者
  2. 必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格した者
  3. 幅広い学識と高度な専門性、倫理性を身に付けた者

学修成果の目標

  1. 生命科学・医学・医療・福祉の各分野で活躍できる、実践的な専門的知識、高度な技術及び倫理観を修得している。
  2. 得られた知識・技術・倫理観に立脚し、生命科学・医学・医療・福祉の各分野でリーダーシップを発揮して、研究活動や高度な業務に携わることができる能力を修得している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)~このような教育を行います~ 

教育の目標

  1. 生命医科学における新たな知識の獲得と臨床医学への貢献を目指し、それらに必要な基礎的知識と研究手法を修得する教育
  2. 生命医科学の研究・実践に必要とされる倫理観を修得する教育
  3. 生命医科学研究の立案・遂行・応用に必要な知識と技法を修得し、実践的に活用できる能力を修得する教育
  4. 研究成果発表の方法と論文作成の手法を修得し、研究成果を社会に発信できる能力を修得する教育

教育課程の構成

  1. 基礎科目(必修)及び基礎科目(選択必修)において、生命医科学研究に必要な基本的知識と技術、倫理観を修得するための教育を展開する。
  2. 実践科目(選択)において、生命医科学研究に必要な実践的知識と技能を修得するための教育を展開する。
  3. 生命医科学方法論演習及び生命医科学研究特論において、各学問領域を深く学び知識を修得するとともに、研究を立案・遂行・応用する技法を修得するための教育を展開する。
  4. 研究発表討論セミナーにおいて、研究成果発表の方法と論文作成の手法を修得するための教育を展開する。
  5. 社会人にも履修しやすいように夜間開講を行うとともに、対面授業と遠隔授業のハイブリッド型授業などを積極的に推進する。
  6. カリキュラムツリーやカリキュラムマップを用いて、教育課程の構成を明示する。

教育内容・方法

  1. 学生の主体的かつ能動的な参加に基づいた講義・演習・実習・研究を展開する。
  2. シラバスに詳述された、カリキュラムを構成する授業科目の目標・内容・教育方法・評価方法等に基づいた授業(講義・演習・実習)を展開する。
  3. シラバスに記載された目標の達成に向け、講義時間外の自己学修(予習・復習)の方法を指導し、実践を促す。
  4. 研究力や発表能力醸成のために研究発表や論文執筆の方法を指導し、実践を促す。

学習成果の評価

試験、レポート、成果発表等により総合的に評価します。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)~このような人を求めています~

人材育成の目標

医の科学(Science)、倫理(Ethics)、技能(Skill)の探求とそれらの統合による医学の研究と教育の推進並びに医学と医療をリードする人材の育成を目指しています。

入学者に求める能力・資質

本専攻の課程で学び、生命医科学分野の知識と実践力を身に付け、高度専門職業人や研究者を志す人を受け入れます。具体的には、

  1. 高い倫理観と豊かな学識に立脚し、自立して研究を行う能力を身に付ける意欲のある人
  2. 身に付けた知識や技能を生かし、医学・医療・福祉の分野で高度専門職業人として社会の発展に貢献する意欲のある人
  3. 身に付けた知識や技能を更に発展させ、博士課程に進学し、生命医科学分野の研究者・教育者を目指す人
  4. 学術的なディスカッションや文献読解の基礎となる英語運用力を有している人

入学者選抜の基本方針

本専攻では、上記の素養を持つ学生を選抜するために、外国語(英語)試験と口述試験を行い、出身大学等の成績と併せて総合して合否を判定します。また、学習機会の拡大のため、10月入学の制度を設けています。

外国語(英語)を課し、「英語による文献の読解力」を評価します(入学者に求める能力・資質4)。また、口頭試問を課し、研究に従事するに当たって、必要な専攻分野に関する基礎学力及び研究に対する意欲を評価します(入学者に求める能力・資質1~3)。さらに、成績証明書を加え、総合して判定します。

大学院[博士課程・医科学専攻]

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)~このような人材を育てます~

学位授与の条件、達成度・能力評価の基準

  1. 所定の年限在籍し、博士課程に定められた単位を修得した者
  2. 必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査及び最終試験に合格した者
  3. 幅広い学識と高度な専門性、倫理性を身に付けた者

学修成果の目標

  1. 倫理観と使命感を持って、医学・医療・福祉分野で活躍し、国際社会や地域社会に貢献できる能力を修得している。
  2. 幅広く豊かな学識に裏打ちされた医科学分野の先端的な研究・教育能力を修得している。
  3. 卓越した技能を持ち、疾病の原因究明と治療戦略構築を自ら実践できる能力を修得している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)~このような教育を行います~ 

教育の目標

  1. 先端的な生命科学・医学研究、及び疾病の原因究明と治療法開発に必要な基礎知識と基本的研究技術を体系的に修得する教育
  2. 医科学分野の研究・教育を行う上で必要な研究倫理的素養を身に付け、社会貢献活動を体得する教育
  3. 主体的に研究を計画・遂行し、研究成果を世界に向けて発信する技法、及び各専門分野で必要とされる高度な専門的知識・能力を修得する教育

教育課程の構成

  1. 基礎連続講義及び医学基礎技術実習において、医学研究の基本を学ぶ教育を展開する。
  2. 生命倫理公開セミナーにおいて、倫理的素養を身に付け、社会貢献活動を体得する教育を展開する。
  3. 研究成果考察セミナー及び研究発表討論セミナーにおいて、医学研究全体にわたる学問領域を深く学び、研究を計画・遂行し、研究成果を発信する技法及び高度な専門的知識・能力を修得する教育を展開する。
  4. 社会人にも大学院教育が履修しやすいように夜間開講や集中開講、対面授業と遠隔授業のハイブリッド型授業などを積極的に推進する。
  5. カリキュラムツリーやカリキュラムマップを用いて、その体系性や構造を明示する。

教育内容・方法

  1. 学生の主体的かつ能動的な参加に基づいた講義・演習・実験・実習・研究及びその成果発表セミナーを展開する。
  2. シラバスに詳述された、カリキュラムを構成する授業科目の目標・内容・教育方法・評価方法等に基づいた授業(講義・演習・実習)を展開する。
  3. シラバス記載の目標の達成に向けた、講義時間外の自己学修(予習・復習)を推進する。
  4. 研究力醸成のために研究発表、学会発表や論文執筆を推進する。

学修成果の評価

試験、レポート、成果発表等により総合的に評価します。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)~このような人を求めています~

人材育成の目標

医の科学(Science),倫理(Ethics),技能(Skill)の探求とそれらの統合による医学の研究と教育の推進並びに医学と医療をリードする人材の育成を目指しています。

入学者に求める能力・資質

本専攻の課程で学び研究を行うために必要な学力・能力を備えた、次のような人を受け入れます。

  1. 先端的な生命科学研究や医学研究を通して、人類や社会の発展に貢献する意欲のある人
  2. 高い倫理観と卓越した臨床能力を持つ医療人として、人類や社会の発展に貢献する意欲のある人
  3. 優れた医師や医療従事者を育成する医学教育者として、人類や社会の発展に貢献する意欲のある人
  4. 学術的なディスカッションや文献読解の基礎となる英語運用力を有している人

入学者選抜の基本方針

本専攻では、上記の素養を持つ学生を選抜するために、一般入試の他に、社会人入試を実施します。また、学修機会の拡大のため、10月入学の制度を設けています。入学試験では、学力試験(口頭試問を含む)及び志願者が提出した出身大学等の成績証明書を総合して合否を判定します。
○一般入試・社会人入試
外国語(英語)を課し、「英語による文献の読解力」を評価します(入学者に求める能力・資質 4)。また、口頭試問を課し、「研究に従事するに当たって、必要な専攻分野に関する基礎学力及び研究に対する意欲を評価します(入学者に求める能力・資質1~3)。さらに、成績証明書を加え、総合して判定します。

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です