群馬大学のあゆみ

 

1873 小学校教員伝習所(現教育学部)

1915 桐生高等染織学校(現理工学部)

1943 前橋医学専門学校(現医学部)

1948 前橋医科大学

1949 群馬師範学校、群馬青年師範学校、前橋医科大学、桐生工業専門学校の
    諸学校を包括し、それぞれ学芸学部、医学部および工学部からなる
    群馬大学が開学

    初代学長に西成甫就任

1951 学芸学部に附属小・中学校および幼稚園設置

1955 大学院医学研究科設置(現大学院医学系研究科)

1963 附置研究所として内分泌研究所設置(現生体調節研究所)

1964 大学院工学研究科設置(現大学院理工学府)

1966 学芸学部を教育学部に改組

1970 教育学部が荒牧キャンパスに移転

1979 教育学部に附属養護学校設置(現附属特別支援学校)

1981 教育学部に附属教育実践研究指導センター設置(現附属学校教育臨床総合センター)

1990 大学院教育学研究科設置

1993 社会情報学部設置

1996 医学部に保健学科設置

1998 大学院社会情報学研究科設置

1999 留学生センター設置( 現国際センター)

2004 国立大学法人化

2005 総合情報メディアセンター設置
      重粒子線医学研究センター設置

2007 太田キャンパス発足

2008 教職大学院設置
      ケイ素科学国際教育研究センター設置
          社会情報学研究センター設置

2010 重粒子線治療開始

2011 大学院保健学研究科設置

2013 工学部を理工学部に改組
        大学院工学研究科を大学院理工学府に改組
          多職種連携教育研究研修センター(WHO 協力センター)設置
          男女共同参画推進室設置

2014 未来先端研究機構設置

2015 元素科学国際教育研究センター設置

2016 次世代モビリティ社会実装研究センター設置

2017 数理データ科学教育研究センター設置
          食健康科学教育研究センター設置