改善に向けた取組

改善に向けた取組

 群馬大学医学部附属病院で腹腔鏡手術等の医療事故が判明した平成26年6月以降に実施してまいりました改革の取組を紹介します。
 これまでに実施した多くの取組はすでに一定の成果を上げ、評価・効率化のための改良という段階に至っています。
 現在は、安全安心で、質の高い医療を提供できる病院になること、また、地域のみなさま方から、厚い信頼を得られる病院に生まれ変わることを目指しています。
 そのために県域全体の医療レベルの向上に貢献して行きたいと考えています。
 具体的には、まだ仮称ですが、医療安全・管理学講座(仮称)や、先端医療開発センター(仮称)を設置するための取り組みを開始しています。
 詳細は下記をご覧ください。

 

 

  過去の取り組みは以下をご覧ください。