【研究・産学】(群馬大学荒牧~渋川駅間)路線バス自動運転公道実証実験を実施します

 群馬県、群馬大学、関越交通株式会社は、群馬大学荒牧バス停と渋川駅バス停を結ぶ路線バスでの自動運転公道実証実験を、路車間協調技術(①路面に磁気マーカーを設置し、GPS受信環境に左右されない位置検出、②通信による信号情報取得で、精度の高い信号認識、③バスが近づくとお知らせする情報版を設置し、自動運転バス走行状況を周辺環境に周知、社会受容性の喚起)を導入し、12月10日から25日まで実施します。

 ※詳細についてはこちら(群馬県プレスリリース) をご覧ください。

 また、群馬大学と日本電気株式会社は、共同研究契約を締結し、同実証実験において、「適応ネットワーク制御技術(通信が混雑した状況下でもリアルタイムに通信遅延を抑制し、高品質な通信・映像送信を行う技術)」の検証を実施します。

 ※詳細についてはこちら(NECプレスリリース) をご覧ください。

 今回の実証実験では、自動運転の社会実装に向けた道路施設の諸課題を確認するとともに各種技術の検証を行う予定です。

 

 【本件に関する問合せ先】
  研究・産学連携推進機構 次世代モビリティ社会実装研究センター
  TEL:027-220-7443(平日8:30~17:15)