【研究・産学】日本初 大型バスによる営業運行での自動運転を実施します(9/14~10/14)

 群馬大学と相鉄グループの相鉄バス(株)では、「里山ガーデンフェスタ2019 秋」の開催期間となる2019年9月14日(土)から10月14日(月・祝)まで大型路線バスを使用した自動運転の第1回実証実験を実施します。
 この実証実験は、大型路線バスでの自動運転適用における課題の解決や、地域における自動運転の機運の醸成を図ることを目的とし、また、横浜市の「I・TOP横浜 路線バス自動運転プロジェクト」としても、郊外部における交通ネットワークの維持や、人口減少に伴う労働力不足への対応を目的に、自動運転バスによる地域交通課題の解決を目指すものです。

※詳細はこちら(プレスリリース)をご覧ください。

 

今回の実証実験で使用するバス

 

 

【本件に関する問合せ先】
 研究・産学連携推進機構 次世代モビリティ社会実装研究センター(担当:石坂・高野)
 TEL:027-220-7443(平日8:30~17:15)