本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここから本文です

新着情報

日本初、大型バスの遠隔監視・操作による自動運転を営業運行で実施

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表, 新着情報

相鉄バスと群馬大学、日本モビリティでは、「秋の里山ガーデンフェスタ」の開催期間中である2020年10月5日(月)と 14日(水)に遠隔監視・操作による自動運転の実証実験を行います。大型バスの遠隔監視・操作による自動運転を営業運行で実施する実証実験は、日本で初めてとなります。

また、10月6日(火)・7日(水)と 12日(月)~ 14日(水)には、昨年の秋に続いて2回目となる運転席に運転士を配置した自動運転バスを営業運行します。

 

自動運転バス

自動運転バス

 

※天候その他諸事情により、自動運転バスの実証実験は通常の乗務員による運行になる場合があります。

実証実験のポイント

  • 【日本初】大型バスの運転席無人と「遠隔監視・操作システム」による営業運行での自動運転
  • 旭営業所内に「遠隔監視・操作システム」を設置し、そのシステムによる走行と停止
  • 保安者が車両に乗車し、異常があれば、緊急停止スイッチを操作することで安全性を向上
  • 自動運転の社会実装に向け、より多くの方に自動運転バスの体験機会を提供

詳細

関連リンク

 

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です