本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここから本文です

新着情報

第12回群馬大学未来先端研究機構国際シンポジウムを開催しました

[CATEGORY] イベント, 新着情報, 研究・産学連携 [tag]

群馬大学未来先端研究機構では、2022年3月1日及び2日に、第12回国際シンポジウムを群馬大学刀城会館(昭和キャンパス)において、ハイブリッド形式にて開催しました。

今回は、「Genome Action 2022」と題して、内分泌代謝・シグナル学部門が主催し、ゲノムが有する多彩な機能について、欧米で活躍している若手研究者3名(スウェーデン、デンマーク、米国)はオンラインで繋ぎ、国内の研究者2名は会場にオンサイトで参加し、講演を行いました。

石崎泰樹学長による開会挨拶の後、当機構の柴田淳史准教授によるDNA損傷シグナルが制御する免疫応答に関する講演が行われました。続いて、イェーテボリ大学の澁谷大輝准教授が減数分裂相同組換えにおけるBRCA2とその新規相互作用分子について講演を行いました。その後、コペンハーゲン大学の成田岳雄准教授が、CBP/p300が介在するアセチル化の特徴と転写活性化におけるその役割について講演し、1日目を終了しました。2日目は、ネットワーク接続のトラブルのため急遽順番を変更して、初めに東京大学の安原崇哲助教が、ストレス応答に対するRNAを介したゲノム維持機構について最新成果を披露しました。続いて、接続が回復した米国NYからロチェスター大学の黒崎辰昭研究助教が、脆弱性X症候群を予防するNMDの新たな役割について報告した後、DNA損傷応答とヒト遺伝病の分野で世界的に活躍されている京都大学の髙田穣教授が、オンサイトにて、複製ストレスに対する反応とヒト遺伝性疾患のメカニズムと題して基調講演を行いました。最後に、花屋実Hanaya Minoru機構長から閉会の挨拶があり、シンポジウムは盛会の内に終了しました。

今回はオンライン参加地域との時差に配慮して2日間に渡る開催としました。国内外からオンラインを介して延べ100名以上の研究者の参加があり、各講演後の質疑応答では活発な議論が交わされました。また、2日とも講演会の後に、バーチャルオフィス空間を利用した参加者が個別に講演者と意見を交換する場が設けられ、各テーブルで話が盛り上がり有益な懇談会となりました。

昨年度から引き続き長期化するパンデミックの中、オンライン開催からハイブリッド開催へ、そしてバーチャル空間を活用した意見交換など、シンポジウムの開催形式も進化し、新たなアプローチによる知識共有の場を提供することができました。今後も、世界の研究者との交流を重ねることで国際共同研究を一層推進し、群馬大学の教育研究機能の国際化に貢献する計画です。

関連リンク

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です