本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここから本文です

新着情報

理工学府物質・生命理工学教育プログラム博士前期課程2年の髙澤彩香さん・1年の小倉沙代子さんが、2021年繊維学会年次大会において優秀ポスター発表賞を受賞しました


2021年6月9日~11日にオンラインで開催された2021年繊維学会年次大会において、分子科学部門・高分子構造物性研究室(上原・撹上研究室)の髙澤彩香さん・小倉沙代子さんが優秀ポスター発表賞を受賞しました。

高分子構造物性研究室では、超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE)などのエンジニアリングプラスチックについて、延伸技術を活かした高強度フィルム・繊維の作製に取り組んでいます。

髙澤さんの発表題目は「バイモーダルな分子量分布を有する超高分子量ポリエチレンの溶融延伸における分子量効果」です。

髙澤さんの研究は東ソー株式会社との共同研究によるものであり、UHMW-PE重合パウダーの分子量分布特性が溶融状態の分子鎖絡み合い特性およびフィルム溶融延伸挙動に与える影響を、パルス核磁気共鳴(NMR)測定およびin-situ(その場)広角X線回折(WAXD)測定により考察しました。本発表の成果は、重合技術と延伸技術の融合によりUHMW-PE溶融延伸の新たな可能性を拓くものとなります。

小倉さんの発表題目は「超高分子量ポリエチレン延伸フィルムへの圧縮による単斜晶および中間相の生成挙動の調査」です。

小倉さんの研究は、UHMW-PE延伸フィルム・繊維への圧縮により特異的に発現する単斜晶の生成メカニズムの解明に挑戦するものです。本発表では単斜晶生成に伴って生成する中間相に注目し、WAXD測定および高分解能固体NMR測定を用いて結晶構造および分子運動性の観点から調査することで、単斜晶生成における中間相の役割について考察しました。

今回受賞対象となった研究は、「Sメンブレン」プロジェクトの一環として行われたものです。

群馬大学研究・産学連携推進機構では、今後の本学における新たな強み・特色として高い可能性を有するプロジェクトを「重点支援プロジェクト」に指定しており、研究拠点の形成を目指した「推進研究(G2)」の一つとして、超高性能・高機能な膜材料を創製する「スーパー・メンブレン」プロジェクト(略称:「Sメンブレン」プロジェクト)を推進しています(代表:山延健教授)。

現在、本プロジェクトの下、科学研究費補助金・基盤研究(A)「高分子合成技術と超延伸技術の融合によるスーパー・メンブレンの創製と応用展開」(代表:上原宏樹教授)およびJST・A-STEP産学共同(育成型)「革新的グリーンプロセッシングによる高強度・機能性繊維作製システムの確立」(研究責任者:撹上将規助教)が進行中です。

 

関連リンク

 

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です