【研究・産学】サンデン・リテールシステム株式会社との産学連携に関する協定締結

 サンデン・リテールシステム株式会社(本社:伊勢崎市 代表取締役 社長取締役社長 森 益哉,以下「サンデンRS」)と国立大学法人群馬大学(本部:前橋市 学長 平塚浩士,以下「群馬大学」)とは,11月25日にサンデン赤城事業所にて産学連携の協定締結式を行いました。

 

 本協定は,サンデンRSと群馬大学が地域を中心とした産学連携のさらなる推進のため,それぞれが持つ技術・ノウハウ等を活かし,シナジー効果や地域におけるイノベーションを創出することで,経済の活性化や人材育成において広く社会に貢献することを目的としています。

 本協定により,サンデンRSにおいては,研究開発の活性化,特にコールドチェーンに係る実証検証といった点や今後ますます加速するビジネスのグローバル化に対応できる人材の交流・育成の拡大などに期待しています。

 群馬大学においても,基礎的な研究,応用的な研究など,幅広い分野での共同研究や連携活動を通して,研究者の連携を促進するとともに学生のインターンシップを積極的に実施することにより,学生が早い時期から企業での現場力やビジネス感覚を養える可能性に期待しています。

 

 サンデンRS及び群馬大学は,連携協定に基づく活動を通してそれぞれの飛躍を目指すとともに,地域の発展に貢献するよう努めてまいります。

 

◆締結式の様子