【医学系研究科】マラリアによる死因と防御メカニズムを解明

 このたび、⼤学院医学系研究科⽣体防御学の今井孝助教らの研究グループは、国⽴感染症研究所、東京⼤学、九州⼤学、⽶国Vanderbilt⼤学他との国際共同研究により、マラリアによる死因と防御メカニズムを解明しましたので、お知らせします。
 今回の論⽂は、⾚内期(マラリア原⾍が⾚⾎球系細胞に感染するステージ。)マラリア感染防御を解明し、⾼乳酸⾎症のみでマラリアによる死因になりうることを⽰した初めての報
告となります。

 ※詳しくはこちら(プレスリリース)をご覧ください。

 ※医学系研究科HP(お知らせページ)についてはこちらをご覧ください。

 

【本件に関する問い合わせ先】
 昭和地区事務部総務課広報係  TEL: 027-220-7895