【理工学府】分子科学部門の武田茂樹教授がウイルスがバクテリアを殺すきっかけを立体構造から解明しました

 群馬大学大学院理工学府分子科学部門の武田茂樹教授が、大阪大学の山下栄樹准教授やトロント大学のAlan Davidson教授と協力して、ウイルスがバクテリアを殺すきっかけを立体構造から解明しました。
 この研究は、O157や薬剤耐性菌をファージで殺す方法の開発に役立ちます。研究の内容はNature Microbiologyに掲載されます。

◆詳細はコチラ(プレスリリース)をご覧ください

◆大学院理工学府HP(お知らせページ)はコチラをご覧ください


【本件に関する問い合わせ先】

 理工学部庶務係 TEL:0277-30-1895