【研究・産学】自動運転車両の接近を周囲に知らせる装置を開発(株式会社アークノハラとの自動運転に関する共同研究内容の中間発表)

 群馬大学と株式会社アークノハラは、自動運転車両が安全に世の中に受け入れられ、利用者と住民が安心できる街づくりを実現するため、本年3月より共同研究を行ってまいりました。

 このたび、自動運転車両と手動運転車両(人間が運転する従来の車両)が混在する社会の到来に備え、両者が道路を円滑に走行し、歩行者も含めた道路交通秩序をサポートする製品・システムとして、自動運転車両の意思(動き)を周囲にお知らせする「路車間協調表示装置」を考案したことをお知らせいたします。

 

 詳細は、共同発表プレスリリースをご覧ください。

   株式会社アークノハラのプレスリリースは、こちらをご覧ください。

 

《本件に関するお問い合わせ先》

 研究・産学連携推進機構 次世代モビリティ社会実装研究センター

 (担当:宇野・石坂) TEL 027-220-7443