本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここから本文です

新着情報

路線バスにて自動運転実証実験を行います~大型車両での実施は国内初~

[CATEGORY] プレスリリース, 報道発表 [tag]

2021 年 1 月 5 日

西武バス株式会社
国立大学法人群馬大学
日本モビリティ株式会社
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
MS&ADインターリスク総研株式会社


国立大学法人群馬大学(所在地:群馬県前橋市、学長:平塚浩士、以下:群馬大学)と西武バス株式会社(本社:埼玉県所沢市、取締役社長:渡邊一洋、以下:西武バス)は、2020年2月に自動運転技術に関する共同研究契約を締結し、研究を進めてまいりました。

この度、群馬大学より発足したベンチャー企業である日本モビリティ株式会社(所在地:群馬県前橋市、代表取締役社長:小峰千紘、以下:日本モビリティ)の協力のもと、2021年2月より、遠隔監視システムを活用した自動運転大型バスによる実証実験を行います。この実験では、西武バス路線である西武池袋線飯能駅南口と美杉台ニュータウン飯能営業所管内間で国内初の試みとして、通常の営業運行をしている路線バスと同じ運行形態で自動運転バスも運行いたします。

また、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:金杉恭三、以下:あいおいニッセイ同和損保)は本実験に最適な保険の提供を行い、MS&ADインターリスク総研株式会社(所在地:東京都千代田区、取締役社長:中村光身、以下:MS&ADインターリスク総研)は、総合的なリスクアセスメントや安全管理体制の構築支援を行うことで安全・安心な実証実験の実施をサポート致します。

 

※路線バスとは一般乗合旅客事業において路線を定めて定期に運行するバスのことで、個別に運賃を支払い、同じ車両に複数の乗客が (乗り合わせる」日常の移動手段です。

実施場所

西武池袋線(飯能駅南口~美杉台ニュータウン 西武バス飯能営業所)片道約 2.5 ㎞

プレスリリース

関連リンク

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です