本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここから本文です

新着情報

肥満や糖尿病があると感染症で重症化しやすくなるメカニズムを解明 ~感染症の重症化を防ぐ治療法開発へ~

[CATEGORY] プレスリリース, 新着情報 [tag]

群馬大学生体調節研究所(群馬県前橋市、佐藤健所長)の、白川純教授らは、筑波大学、横浜市立大学との共同研究で、肥満や糖尿病があると感染症で重症化しやすくなるメカニズムを明らかにしました。
新型コロナ感染症を含め、肥満症や糖尿病は感染症で重症化する基礎疾患として知られています。

本研究では、肥満や糖尿病では、敗血症(重症な細菌感染)の時にS100A8という免疫を調節する分子を作り出すことができず、死亡率が高くなることがわかりました。肥満や糖尿病があっても、S100A8を補充すると死亡を抑制できる治療への応用も示されました。本研究によって、肥満症や糖尿病の患者において、感染症で重症化を防ぐことができる治療法開発へ繋がることが期待されます。

本研究の成果は2022年11月22日(火)(アメリカ東部標準時刻)に米国科学誌iScience(Cell Press:米国)において公開されました。学術的に卓越した治療への応用性の高い研究内容で、大きな社会貢献が期待されることから,お知らせいたします。

雑誌名 iScience誌(Cell Press:米国)
公開日 2022年11月22日(アメリカ東部標準時)
タイトル ”Protective effects of S100A8 on sepsis mortality: links to sepsis risk in obesity and diabetes”

研究内容の詳細

プレスリリース資料

  • プレスリリース資料はこちらをご覧ください。

関連リンク

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です