本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援サイト
資料請求
ここから本文です

新着情報

理工学部環境創生理工学科 社会基盤防災コース4年生 橋田美知花さんが第75回セメント技術大会優秀講演者賞を受賞しました

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報 [tag]

理工学部環境創生理工学科 社会基盤防災コース コンクリート工学研究室4年 橋田美知花さんが,第75回セメント技術大会において優秀講演者賞を受賞しました。論文名は「高温履歴を受ける天然繊維混入型PCはりの爆裂抑制効果」です。

セメント技術大会は例年約160件の研究発表があります。研究発表の内容は,セメント化学,建築,土木分野と多岐にわたり,約700名の研究者が参集し,活発な質疑応答が行われています。2002年から行っている優秀講演者表彰制度は,大会全体の活性化と若手研究者・技術者(35歳以下)の研究奨励を目的としており,①講演要旨のわかりやすさ,②プレゼン資料の表現,③発表の方法,④時間配分の適切さ,⑤発表時間,⑥質問に対する回答の的確さ,⑦発表態度,⑧研究内容のレベルについて審査を行い,特に優秀と認められた講演者に対し授与しています。今年度は,選考対象97名のうち,20名を優秀講演者として表彰されました。橋田さんはそのうちの1名に選出されました。

橋田さんの研究概要は下記のとおりです。プレストレストコンクリート(以下,PC)構造は,導入されるプレストレスの影響により,鉄筋コンクリート(以下,RC)構造に比べ,火災時にコンクリート表層部が爆発的に剥離・剥落する爆裂現象が生じやすいという報告があります。一般的な爆裂抑制方法として,ポリプロピレン(以下, PP)繊維などの合成繊維をコンクリートに混入する方法が報告されていますが,天然繊維を用いた事例は少ない状況です。そこで,本研究では持続可能な天然資源の活用を目指して,天然のJute 繊維を混入したコンクリートを用いて,PC梁を作製し,加熱試験を行い,爆裂抑制効果を検討しました。その結果,加熱試験においてJute繊維を混入したPCはりは爆裂が生じないことを確認しました。

関連する研究を橋田さんは進めており,今後の発展が期待されます。

 

セメント技術大会の詳細はこちら

 

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です