本学学生の応募作品がJFN学生ラジオCMコンテスト2019(群馬エリア放送)に採択されました。

 「JFN学生ラジオCMコンテスト」は、JFN38局と日本の次世代を担う全国の学生がタッグを組み、学生自身の学び舎をテーマに、自由な発想と表現力の発露の場を設けることを目的に実施されています。

 8年目にあたる2019年には、本学の社会情報学部で開講している「異文化コミュニケーション基礎論」(結城恵教授)の一環として、46名の受講学生たちの応募を支援しました。不特定多数のラジオのリスナーに、聴いてわかる・感じる・広がる世界を、20秒、もしくは40秒のラジオCMコピーで描くことは、究極の異文化コミュニケーションであると考えたためです。

 3回の講義を経て応募した作品は、残念ながら全国エリアでの入賞はかないませんでしたが、本学の応募の中から最優秀の作品が選ばれ、FM GUNMAで5回オンエアしていただけることになりました。採択されたのは、社会情報学部3年の山室香奈さんの作品です。

 9月11日には、FM GUNMAで収録の様子を参観させていただく機会を得て、山室さんを含む4人の学生が参観させていただきました。社会情報学部の学生にとって、マスコミの現場を知ることは、貴重な学びの場となります。「異文化コミュニケーション基礎論」では、今後も、講義の一環としてこうした学びを深め、また、入賞を実現できるよう応援していきたいと思います。

 山室香奈さんの作品の放送予定日は以下のとおりです。

10月2日(水)22時15分、10日(木)23時05分、18日(金)22時54分、22日(火)23時05分、28日(月)22時15分

山室香奈さん

受講学生と羽鳥営業部長(FM GUNMA)