(生体調節研究所)神経幹細胞の増殖に働く因子を発見 〜細胞内品質管理システムの新たな役割〜

 細胞構造分野の佐藤健教授らの研究グループは、Rer1という因子が神経の元となる神経幹細胞の量を維持し 大脳皮質の形成に働くことを明らかにしました。

 詳しくはこちらをご覧ください。⇒ プレスリリース(PDF)