本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここから本文です

新着情報

インスリン受容体の遺伝子疾患モデルの確立

[CATEGORY] プレスリリース, 新着情報 [tag]

群馬大学生体調節研究所(群馬県前橋市、佐藤健所長)個体代謝生理学分野の西村隆史教授と理化学研究所生命機能科学研究センターの坂西綱太研究員(研究当時)の研究グループは、さまざまな疾患のモデル生物として利用されている昆虫キイロショウジョウバエを用いて、新たに血糖調節に関連するホルモンであるインスリンの受容体の温度感受性変異体を発見し、2型糖尿病の遺伝子疾患モデルとしての有用性を示しました。

本研究成果により、飼育温度を調節することで、任意のライフステージでインスリンの働きを低下させ、病態モデルを簡便に誘導することが可能となり、糖尿病のメカニズム探索や治療研究に寄与することが期待できます。また、ショウジョウバエの持つ早いライフサイクルの特性を生かして、先天的な遺伝子異常と栄養状態などの生体外環境の組み合わせにより発症する疾病の理解に貢献できる可能性があります。

本研究の成果は2022年12月9日(金)に英国科学誌Developmentに掲載されました。学術的に卓越した研究内容で、大きな社会貢献が期待されることから、お知らせいたします。

  • 雑誌名:Development誌(The Company of Biologists社:英国)
  • 公開日:2022年12月9日
  • タイトル:”Isolation of a novel missense mutation in insulin receptor as a spontaneous revertant of ImpL2 mutation in Drosophila”

研究内容の詳細はこちらをご覧になってください

関連リンク

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です