本文へジャンプ メインメニューへジャンプ サブメニューへジャンプ
国立大学法人 群馬大学
国立大学法人 群馬大学
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
受験生応援
資料請求
広報大使
ここから本文です

新着情報

大学院理工学府 環境創生理工学教育プログラム博士前期課程1年 橋田美知花さんが第76回セメント技術大会優秀講演者賞を受賞しました

[CATEGORY] 受賞・成果等, 新着情報

大学院理工学府 環境創生理工学教育プログラム博士前期課程1年 コンクリート工学研究室 橋田 美知花さんが、第76回セメント技術大会において、優秀講演者賞を受賞しました。論文名は「火害を受けたJute繊維混入型PCはりの耐荷性能の評価」です。

セメント技術大会は例年5月に約130件の研究発表があります。研究発表の内容は、セメント化学、建築、土木分野と多岐にわたり、約700名の研究者が参集し、活発な質疑応答が行われています。2002年から行っている優秀講演者表彰制度は、大会全体の活性化と若手研究者・技術者(35歳以下)の研究奨励を目的としており、①講演要旨のわかりやすさ、②プレゼン資料の表現、③発表の方法、④時間配分の適切さ、⑤発表時間、⑥質問に対する回答の的確、⑦発表態度、⑧研究内容のレベルについて審査を行い、特に優秀と認められた講演者に対し授与している。今年度は、選考対象97名のうち、5名を優秀講演者として表彰され、橋田美知花さんがそのうちの1名に選出されました。

橋田さんの研究概要は下記のとおりです。プレストレストコンクリート(以下、PC)構造は、導入されるプレストレスの影響により、鉄筋コンクリート(以下、RC)構造に比べ、火災時にコンクリート表層部が爆発的に剥離・剥落する爆裂現象が生じやすいという報告があります。本研究グループにおいては、持続可能な天然資源の活用を目指して、天然のJute 繊維を爆裂抑制繊維として用いて、爆裂抑制効果があることを報告しています。加えて、Jute繊維を混入したPCはりを対象として加熱試験を実施し、Jute繊維に爆裂抑制効果があることを確認しています。しかしながら、加熱後のJute繊維混入PCはりに対し曲げ耐力の評価を実施していませんでした。そこで、本研究では、加熱試験後のJute繊維混入型PCはりを対象として曲げ載荷試験を実施し、火害後の残存耐力について評価した。その結果、加熱無しの結果と比較して、初期剛性比に低下率が大きいこと、プレストレスが残っているため、終局耐力比に低下は10%であることを明らかにしました。火害を受けたPC部材の補修方法と残存耐力を評価するうえで、今回の研究は非常に有用な知見を示したことが、高く評価されました。

関連する研究を橋田さんは進めており、今後の発展が期待されます。

詳細

大学院理工学府 環境創生理工学教育プログラム博士前期課程1年 橋田美知花さんが第76回セメント技術大会優秀講演者賞を受賞しました

ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です